元井岡ジムのプロボクサー橋詰知明とは?前科があった?

大阪府の松原で、スナックで居合わせた元力士の男性をカラオケのリモコンで殴り、その後その男性が死亡するという事件が起こった。

加害者の男性は元プロボクサーの橋詰知明容疑者だという。

事件や元プロボクサーの橋詰容疑者について調べてみた。

事件の概要

スナックで居合わせた元力士の男性をカラオケのリモコンで殴るなどしたとして、大阪府警松原署は18日までに、傷害容疑で堺市堺区の元プロボクサーの会社員橋詰知明容疑者(30)を現行犯逮捕した。元力士の男性はその後死亡し、同署が因果関係を調べている。

逮捕容疑は17日未明、松原市高見の里のスナック店内で大相撲元幕下力士のアルバイト浅田宗祐さん(41)=松原市=の頭をリモコンで殴ったほか、浅田さんの知人男性(40)を拳で殴りケガを負わせた疑い。

同署によると、浅田さんらは16日夜に来店。店内でカラオケ中に橋詰容疑者と体がぶつかるなどしてトラブルになった。橋詰容疑者は男性を殴打後、止めに入った浅田さんも殴ったという。浅田さんらと面識はなく「酔っていたので覚えていない」と供述している。

出典:スポニチアネックス

凶器に使われたのがカラオケのリモコンだということで、日馬富士と貴ノ岩の事件を思わせるということもあり、事件は物議をかもしている。

橋詰容疑者は警察に対し「酔っていたので覚えていない」と話しているようで、かなりアルコールの入った状態でトラブルになったようだ。

被害者の元力士は?

被害者の男性は浅田さんと浅田さんの知人と2人いる。

トラブルになった理由はカラオケ中に体がぶつかったことで、まず浅田さんの知人男性を殴ったところ、浅田さんに止めに入られたために殴ったということらしい。

被害者の浅田さんは高田川部屋に所属し、1993年に初土俵を踏み、「杉の山」のしこ名で活動、99年に引退している。

橋詰知明の戦績は?

橋詰知明は井岡ジムに所属していた元プロボクサー。2005年にプロデビューし西日本バンタム級新人王・MVPを獲得。11年に引退している。

詳しい戦績は不明だが、2005年4月の時点でのネット上の掲示板で、アマの成績として「8戦中6KO勝ち」で無敗だとある。

プロになる前から期待された選手なのは間違いないようだ。

「井岡ボクシング・プロフェッショナル」という井岡ジムのブログでは、「橋詰知明!」というタイトルで、2011年7月17日の阿倍野区民センターでの試合の様子が綴られている(現在は削除された模様)。

試合は1Rから橋詰が攻め続け、4Rあたりから一方的な試合になり、6RでTKO勝ちをしたという。ガンガン攻めている様子だから、ボクサーとしてはアウトボクサーではなく、攻撃的な選手だったようだ。

井岡ボクシング・プロフェッショナル:その他、橋詰知明が登場する記事
スパーリング・知明。(2011年7月10日)
スパー2、知明。(2011年7月13日)

橋詰知明の試合動画

橋詰容疑者がプロだった頃の試合動画が見つかった。

試合は2010年5月2日のもの、試合の相手はカシミジムのネストール・ウゴ・パンニャンガという選手だという。

ネストール・ウゴ VS 橋詰知明

橋詰知明には前科があった?

確証はないが、橋詰容疑者には前科があったという情報がある。

以前にも傷害の容疑が、と思いきや、意外にも傷害ではなくわいせつ罪だという。

日本ボクシング連盟の元会長である山根明氏がYouTuber(ユーチューバー)としてデビューしていたことが分かり、話題になっている。 山...
1月12日の「人志松本のすべらない話」のすべらない話にダブルヒガシ大東翔生(おおひがししょうい)さんが出られましたね。 翔生さんは父親...