【犯人は死亡】カリタス小学校児童らへの無差別殺傷事件とは?

2019年5月28日午前7時45分ごろ、川崎市多摩区登戸新町の小田急線登戸駅近くの路上で、川崎市多摩区のカリタス小学校に通う児童の子供らを、男が凶器で殺傷したという119番通報がありました。

この事件に関して現時点で分かることをまとめてみました。

カリタス小学校児童らへの無差別殺傷事件

 28日午前7時45分ごろ、川崎市多摩区登戸新町小田急線登戸駅近くの路上で人が刺されたと119番があった。神奈川県警によると、女子児童13人と大人3人の計16人が負傷し、うち小学4年の女児と30代男性が心肺停止。多摩区のカリタス小学校に通う児童が通学のバスを待っていたという。

捜査関係者によると、刺したとみられる男は40~50代ぐらいで、自分で首付近を刺しており、意識不明。現場から包丁のような刃物2本が見つかり、男は両手に刃物を持ち、バスを待つ小学生らを次々と刺した。県警は男の身元の特定を進めている。

川崎市消防局は、けが人は19人としている。

引用:小4女児ら16人刺される、川崎 2人心肺停止、バス待ちに男襲撃

刺された犠牲者のうち、女児1名の死亡が確認されています。

カリタス小学校のスクールバス画像

こちらは、児童らがバスに乗る直前に刺されたというそのスクールバス

犯人は既に死亡

以下は現在の報道で出ている犯人に対する情報です。

  • 上下黒い服を着ていた。
  • 子供の悲鳴が聞こえ、気付いたら男がいた(スクールバス運転手の話)
  • 両手に新品の刺身包丁を持っていた(スクールバス運転手の話)
  • 40~50代の男
  • 「ぶっ殺してやる」などと叫んでいた。
  • 事件後、自分の首を刺し、死亡が確認された

以上です。

フォローする