ハムスター虐待で炎上のハムハムTVとは?青いハムスター画像・動画

ハムスターを狭いところに閉じ込めたり、青い染料で色をつけたりする動画をアップしたYouTubeチャンネル「ハムハムTV」が炎上して物議をかもしています。

ハムハムTVは一度は多くの抗議を受けてBANされたものの復活、現時点では虐待しているような動画はないものの、青く染めたハムスターの画像をアイコンにしていたり、青いハムスターが登場する動画があることから、また批判を浴びています。

この話題についてまとめてみました。

「ハムハムTV」がハムスター虐待で炎上

一番問題になったハムスターを青く染める動画では、犬専用のカラー剤でハムスターを染め、「動物虐待にしか見えない」と批判されました。

飼い主はハムスターを洗面台に入れて濡らした後、歯ブラシで青いカラー剤を塗りつけ、ハムスターは逃げようとしますが、最終的に体全体を塗ってしまい5分放置、シャワーで洗い流します。

青くなったハムスターですが、まだらで綺麗に染め上がっていないために1週間後にもう一度染毛。完全に真っ青なハムスターに染め上げました。

しかし、使用したカラー剤には「本品は犬用です。犬以外の動物(猫等)には使用しないでください」という注意書きが。

動画を見た人からは「小さな命を苦しめないで」「観てて涙が止まらなかったです。許せない行為」「動物虐待にしか見えません」といった批判が殺到しました。

他にも「ハムハムTV」では、狭いビンの中にハムスターを閉じ込める動画、エサがついた紐でハムスターを釣り上げる動画、「柿の種」を口に突っ込む動画もアップしています。

多くの批判が集まっても、チャンネル主はチャンネル概要で

動物に過剰に依存し、少し変わった飼育方法をとる飼い主を攻撃します。彼らは動物愛護を言い訳に人間への恨みを晴らしているだけなのです。感情で行動しているだけなので、論理も通じません。

と完全に開き直っていました。

青いハムスターの画像


出典:ハムハムTV

ハムハムTVは一時的にBANされる

多くの批判が集まったことで、ハムハムTVはBANされたようです。

BANとは直訳すると「禁止令」の意味で、YouTubeなどでは規約違反の動画を挙げるなどすると、アカウントがBANされて動画をアップできなくなります。

ハムハムTVも同じく、動物を虐待するような過激な動画を上げたためにアカウントをBANされたのでしょう。

シバターのハムハムTVに関する動画

「物申す系」ユーチュバーで有名なシバターさんも、ハムハムTVに対して物申すような動画を作成してアップしています。

チャンネルがBANされたことが切っ掛けで動画を作っています。

ハムスター虐待チャンネルがBANされた話

動画の中でシバターさんは、ハムハムTVを、「YouTubeのシステムが生んでしまった負の遺産・怪物」と表現しています。

復活した「ハムハムTV」のYouTube動画

ところが、一度BANされた「ハムハムTV」がまた復活しました。

動画をいくつか見ると、一度チャンネルをBANされたこともあり、実際に過激な内容のものも減っているようにも見えます。

また過激な動画を投稿してYouTubeの規約を破ってしまうと、チャンネルを作れなくなってしまうので当然かもしれません。

しかし、チャンネルのアイコンが青いハムスターで、動画内に青く染められたハムスターも登場することから、そのことで批判を浴びています。

【青いハムスター】マリンちゃんにお水をあげましょう
【マリンと赤ちゃん】青いハムスターとキンクマの子供

しかし中には本当に淡々とした普通のハムスター動画もあります。

【面白い】ペレットを取ろうと必死なハムスター
【ハムスターの赤ちゃん】トウモロコシを食べる

ちなみに設定をいじっているのか、チャンネル登録者数が分からないようになっています。だから現時点のチャンネル登録者数は不明です。

今回虐待動画で炎上はハムハム探検隊ではない

ハムハムTVが炎上したことで、ハムスターが主役の動画という意味で同系統のYouTube動画チャンネルである「ハムハム探検隊」が、風評被害を受けているところもあるようです。

しかし今回炎上しているのは「ハムハムTV」で「ハムハム探検隊」ではありません

それでも実は、古くは「ハムハム探検隊」もオリジナルな飼育法で炎上したこともあります。下は2018年6月28日のリアルライブの記事。

 24年間ハムスターを飼い続け、ハムスターに特化したYouTubeチャンネルを開設しているハムハム探検隊に批判の声が殺到している。

(中略)

ハムハム探検隊がメインにアップしている動画は、「人間の食べ物を与えてみる」というもの。生肉や酒粕のほか、コーラ・アイスクリームなど糖分の高いものを与える動画も日常的にアップしており、ネギの入ったとん汁をそのまま与えている動画もいくつか見受けられる。また、中には雪の中にハムスターを放り投げ、逃げ惑うハムスターに上から何度も雪をかけ、完全に埋めてしまうという行為を収めた動画もあり、その中でチャンネル主は鼻歌を歌いながら楽しんでいた。

一方、これらの動画に対し、以前からネットでは疑問の声が続出しており、約1年前からは署名サイト「Change.org」でハムハム探検隊の逮捕を求める活動が発足。ハムハム探検隊では、ハムスターに子供を産ませ、多頭飼いをしているが、小屋の中に水が用意されておらず、毛並みがぼさぼさという指摘も少なくない。サイトには、ハムスターに生肉を与える危険性やハムスターの多頭飼いのリスクなどが記されており、現在、約8700人が賛同している。

ツイッター上にも、「この人の動画見て反吐が出た。ハムスターにとって食べさせてはいけない食べ物は毒も同然。あきらかな動物虐待行為です」「こんなに堂々とハムスターを虐待する動画をアップしてるなんて…。ぞっとした」「ひどすぎて涙が出た」といった批判の声が上がっているものの、中には「虐待は言い過ぎかも。ちょっとやりすぎちゃっただけかな。独自的な育て方なんだろうね」「ちゃんとハムちゃんのこと考えてあげてたし、めっちゃいい人っぽかった」といった擁護の声も見受けられた

引用:人気ユーチューバーに逮捕求む声が殺到? “動物虐待”署名活動が活発化も賛否

おそらく、ここから炎上しないような穏当な動画にシフトチェンジして現在に至っているのではないでしょうか。

ハムハム探検隊は現在では3万強のチャンネル登録者がいます。

だから「ハムハムTV」も、反省してこれからは穏当な楽しい動画をアップするにすれば、別に問題はなくなるだろうと思います。(一部のアンチは残るでしょうが)

ハムハムTVの投稿者逮捕のキャンペーンも

しかし憤りを感じた人の中には、ハムハムTVの投稿者を逮捕しようというキャンペーンを始めた人もいます。

現時点では三千人ほどの賛同者が集まっているようです。

「ハムハムTVの投稿者を逮捕しましょう」キャンペーン

さすがに逮捕は行き過ぎかなという気がしますが、ハムスターが好きな動物愛好家の方なら憤りを感じるのも無理はないでしょう。

しかし以前に同様のキャンペーンがされたハムハム探検隊が逮捕されたという話は聞きませんから、今回もそこまではいかないのではないでしょうか。

新たな「ハムハムTV」のチャンネル概要

一度BANされて復活したハムハムTVは、チャンネル概要も変わっています。

毎日18時に動画アップします。
たまに複数回アップします。

YouTube運営様
いつもお世話になっております。
お仕事ご苦労様です。
ハムハムTVはクリーンな動画投稿をしております。
悪質な低評価、報告に惑わされないようお願いします。

視聴者の皆様
アカウント削除になり、ご迷惑をお掛けしました。
またチャンネル登録よろしくお願いします。
しばらくこのチャンネルの動画を応援お願いします。

ハムハムTVは動物愛護団体を応援しております。
収益の一部は動物愛護団体に寄付予定です。

引用:ハムハムTV

言葉通り、穏当で楽しい動画チャンネルに生まれ変わることを期待したいです。

以上、ハムスター虐待動画で炎上のハムハムTVの情報でした。

フォローする