【箱根駅伝2019】東海大学の区間エントリーと実際に走ったメンバー

東海大学の総合優勝に終わった2019年の箱根駅伝だが、ネット上でも色々な情報が出回り過ぎて、いまいちシンプルに「今年の東海大学のエントリー選手は誰か」、そして「実際に走った選手は誰か」「そのタイム・記録は?」という疑問への答えをすぐに出せないように感じた。

そこで、その今年の優勝チーム東海大学のエントリー選手、実際に走った選手を一望して比較できるようにしてみた。

箱根駅伝2019

東海大学の区間エントリー選手

東海大学のエントリー選手は次のようになっている。

は本番で変更され、出場できなかった選手。

「→」は本番で実際に走ることのできた選手。

1区:鬼塚翔太(3年)

2区:湯澤 舜(4年)

3区:西川雄一朗(3年)

4区:本間敬大(1年)→館澤亨次(3年)

5区:西田壮志(2年)

6区:中島怜利(3年)

7区:阪口竜平(3年)

8区:松尾淳之介(3年)→小松陽平(3年)

9区:鈴木雄太(2年)→湊谷春紀(4年)

10区:郡司陽大(3年)

補欠

東優汰(4年生)

湊谷春紀(4年生)

河野遥伎(3年生)

小松陽平(3年生)

關颯人(3年生)

館澤亨次(3年生)

実際に走った選手とそれぞれのタイム・区間記録

次は実際に走ったメンバーと、それぞれの記録。

は補欠だったが、本番の変更で出ることができた選手。

1区:鬼塚翔太(3年)1時間02分43秒:区間6位/通過6位

2区:湯澤 舜(4年)1時間08分05秒:区間8位/通過5位

3区:西川雄一朗(3年)1時間03分02秒:区間7位/通過4位

4区:館澤亨次(3年)1時間02分37秒:区間2位/通過2位

5区:西田壮志(2年)1時間11分18秒※区間新:区間2位/通過2位

6区:中島怜利(3年)58分06秒:区間2位/通過2位

7区:阪口竜平(3年)1時間02分41秒:区間2位/通過2位

8区:小松陽平(3年)1時間03分49秒※区間新:区間1位/通過1位

9区:湊谷春紀(4年)1時間09分36秒:区間2位/通過1位

10区:郡司陽大(3年)1時間10分12秒:区間3位/通過1位(総合優勝)

以上である。

フォローする