群馬県伊勢崎で暴力団・愚連隊の乱闘の動画|栗山組組長が撃たれる

アウトロー

2021年3月4日、群馬県伊勢崎の交差点で拳銃の発砲、車に人が轢かれ、その車に大勢が群がって殴り掛かる動画が拡散され話題になりました。

この乱闘の動画や事件の背景について調べました。

群馬・伊勢崎市で拳銃使用の殺人未遂事件 暴力団関係者3人重傷(21/03/04)
本記事はネット上の情報を、推測も込みで総合し、まとめたものです。
真偽のほどは保証できませんのでご了承ください。
スポンサーリンク

群馬県伊勢崎で暴力団・愚連隊の乱闘の動画|栗山組組長が撃たれる

群馬県伊勢崎でヤクザ・半グレが乱闘、発砲する動画

こちらは長尺の動画。

事件経過はこんな感じです。

00秒~   :男たちの集団がたむろしている
50秒頃~  :集団の正面に車が来る
55秒頃~  :車が人を轢くように突入する
1分頃~   :停止した車に集団が殴り掛かり、運転手を引きずりだそうとする
1分18秒頃~:もう1台の車が突進する
1分35秒頃~:集団で一人を暴行中、発砲音
1分40秒頃~:白いワゴン車、黒いセダンなどが相次いでの突入し、人が轢かれる

こちらは上の動画の一部(削除対策)。


こちらは別確度からの動画です。

ちなみに撮影した場所は伊勢崎のキャバクラ「Club LaTour(クラブ・ラトゥール)」だという情報があり、おそらく撮影者たちはキャバ嬢だったのだと思います。

また事件現場付近に住吉会系の事務所があるとのことです。

事件の背景は3組織がからむ複雑なもの

この事件の背景は住吉会・稲川会・山口組の3組織がからんだ複雑なものだったといいます。

諸々の情報を総合すると次のような全体像が描けます。

  1. 事件前に住吉会の3次団体・加藤連合会と稲川会の2次団体・前橋一家の人間の間でトラブルが起き、テーブルに着くも物別れに終わる。
  2. 伊勢崎に住吉会が集まっているのを知った稲川会が駆け付ける。
  3. 山口組系の栗山組(弘道会野内組の傘下で4次団体)が、住吉会系の加藤連合会と稲川会系の前橋一家の仲裁に入ろうとする。
  4. 衝突が起き、栗山組関係者が被弾する等の被害に合う。

「住吉会加藤連合会・山口組弘道会(栗山組) VS 稲川会前橋一家」が対立の構図か

当初は仲裁で参加した栗山組が揉めた末に戦闘に加わったのか分かりませんが、一説によると対立構図は住吉会加藤連合会・山口組弘道会(栗山組) VS 稲川会前橋一家であり、車の方が稲川会前橋一家、集団側が山口組弘道会(栗山組)・住吉会加藤連合会という情報があります。

実際に被害にあったのは、山口組弘道会の直参でもある栗山組組長の栗山良成が肩に被弾、その息子(実子)もケガをしたといいます。

幾つかの情報を総合すると、栗山組組長が肩に被弾した以外は、もう一人はアゴを撃たれる、加藤連合会の若い人が車に轢かれた全身打撲を負うといった被害があった可能性があります。

また加害者は稲川会の前橋一家大橋組の人物だといいます。

関係者の方はこんなツイートをしています。

画像:Twitter

事件には愚連隊(半グレ)が参加

この事件は全員が本職ではなく、各組織の下についている愚連隊(半グレ)が参加していたとされます。本職にしては人数も多く大っぴらすぎるので、実際に多くの半グレが参加したとも推測できます。

群馬県といえば前橋のブラットという半グレが栗山組の事務所に怒鳴り込む動画が話題になりましたが、ブラットは当時稲川会系の馬場組の傘下というか「寄り」でした。

さらに栗山組に対立していたので、今回の事件に参加しているとすれば、おそらく稲川会前橋一家g側だったとされる車側の方にブラットのメンバーがいた可能性はあります。

群馬県太田市で半グレ「ブラット」が弘道会野内組栗山組を挑発の動画
群馬県の太田市で、10数人もの半グレたちが弘道会野内組の栗山組事務所に押しかけて罵倒する動画がツイッターに流れました。 またそれに関して詳細を説明するツイートもあるようです。 群馬県太田でのこの出来事についてまとめました。 群...

一方で弘道会栗山組の側も愚連隊(半グレ)を使っていたそうなので、以前動画の拡散でメンツをつぶされた栗山組が、ブラットに対抗させるために新たに自分たち寄りの半グレを抱えたとも推測できます。

事件の事後経過

事後経過としては、仲裁に入った栗山組長が所属する山口組弘道会と怪我を負わせた者が所属する稲川会の間の話し合いは、稲川会側の前橋一家の当事者を絶縁することで即日解決したそうです。

しかし事件の発端であり、もともと争っていた住吉会と稲川会の話し合いはその後もこじれ続けました。

両者はそれぞれ、住吉会系の加藤連合会単体で100人近く群馬県に入り(3月5日の情報)、さらに稲川会の方でも約100人態勢で応援部隊が入ったという情報(3月8日時点で)があり、しかし実際に衝突が起こったという話も出ていません。

一時、九州の組織(おそらく道仁会)が仲裁に入ったという情報がありましたが、それでもすぐには解決せずにかえって手打ちの条件が厳しくなったといいます。

それでも正式発表はまだであるものの、住吉会幸平一家(加藤連合会の上部組織)は、(おそらく別の銃撃事件で)逮捕されていた幹部を絶縁とし、加藤連合会の(小坂聡)会長が無期限謹慎という処分を下すことで落ち着きそうだ、といわれています。

(おわり)

タイトルとURLをコピーしました