ゴメスファミリーのイエール|現在は彫師として活動【本人のYouTube動画・タトゥースタジオ情報など】

アウトロー周辺の話題
この記事は約6分で読めます。

拳月グループのナンバー2だったレンが出演した『ワルビッシュTV』動画内で、ダルビッシュ翔やレンが「ゴメスファミリーのイエール」という人物について言及しています。

この人物について調べてみました。

スポンサーリンク

ゴメスファミリーのイエール|現在は彫師として活動【本人のYouTube動画・タトゥースタジオ情報など】

ダルビッシュ翔とレンが言及した「ゴメスファミリーのイエール」

【大阪編】半グレと呼ばれた男達の代償。

「ゴメスファミリーのイエール」の名は、メディアで「拳月グループのナンバー2」とされてきたテポドンに言及される場面で出て来ます。

ダル「テポドンは実際どうなの?テポドンっていうグループはあったの?」

レン「昔、言うたら僕らが21とか22くらいの時に、テポドンとかゴメスファミリーやったり結構あったんですよ」

ダル「あっ、ゴメスファミリー、俺結構ツイッター繋がってて、お兄さんかな?イエールくん?(レンも同意)出てくんねんけど。あっこらも半グレグループになってんの?」

レン「昔はね、暴力団の下におったんで。イケイケでやってた時代もあったから。今は真面目になって彫り師とかやってるんですけど」

ゴメスファミリー

調べてみると、「ゴメスファミリー」や「イエール」といった名は、永江真也(ながえしんや)という大阪の総合格闘家の方の投稿を中心に、複数のインスタに出ています。

他にも、インスタにログインしないで写真や動画を検索できる『Gramho』というサービスの「#ゴメスファミリー」で複数の投稿が見られるようです。

イエールドゥイン ゴメス(彫松)

そして該当の「ゴメスファミリーのイェール」ですが、ダルビッシュ翔がツイッターでフォローしており、かつ彫師をやっている人物で、「彫松」という名で活動している方が出てきます。

ちなみに旧アカウントらしき「イエール」というTwitter垢もあります。

この「彫松」という方は「イエールドゥイン ゴメス(彫松)」という名でFacebookもしており、おそらく彼がダルビッシュ翔らに言及された該当者なのではないかと思われます。

したがって「ゴメスファミリーのイェール」という人の名前は「イエールドゥイン ゴメス」であることになりそうです。

ちなみに「ゴメス」はスペイン・ポルトガルなどでよくある苗字だそうで、「ゴメス」が苗字、「イエールドゥイン」が個人名だと思います。

イエールゴメス試合動画

先述のSNS投稿などによると彼は格闘技に携わった形跡があります。

格闘技については、2016年に「韋駄天ソギ」選手と対戦した『2016.11.27 ZERO 韋駄天ソギvsイエールゴメス』という試合動画が残されています。

2016.11.27 ZERO 韋駄天ソギvsイエールゴメス

 

結果は残念ながら1ラウンドでKO負けしていますが、試合後には丁寧に四方に向かってお辞儀をして退場しています。

またこの動画は注意してみると幾つか驚くような発見があります。

まず動画終盤(7:37~)に「ケンムン!」と呼びかけられて反応する拳月らしき人物が映っています。

さらにそれと関係があるのか、応援する関係者が「テポドン」という幟(のぼり)を立てているのが見えるのですが、これは入場シーンから推察するとおそらく対戦相手の「韋駄天ソギ」関係者によるものです。

全然関係ないですが、対戦相手の「韋駄天ソギ」選手は、元格闘家で元K-1ファイターとしても有名な角田信朗(かくだのぶあき)にむちゃくちゃ似ています。

児童虐待について訴える本人のYouTube動画

そしてイエールについてさらに調べてみると、イエール本人が開設したチャンネルなのか、『ルディイエールドウイン ゴメス』というYouTubeチャンネルが見つかり、そこで動画が一つ挙がっています。

2019年6月16日

この動画投稿は何かの事件に触発されたもののようで、動画内容は児童の虐待について「大人が子供を殴るのはあり得ないこと」「自分にも子供が3人おり、いい父親かは分からないが、そうあろうと心掛けている」といったことを語っています。

さらに彼は慎重に言葉を探りながら「子供は大人に何で怒られているのか分からない時がある」「子供の教育に暴力は要らない」と話します。

最後に、「これを見ている男たちの周りでそういうことが起きていたら助けてあげてほしい。守ってあげてほしい。助け舟を出してあげてほしい。お願いします」と言って動画を終えています。

このYouTubeチャンネル『ルディイエールドウイン ゴメス』はこの動画1つだけしか存在せず、この動画を投稿するためだけに開設したかもしれません。

タトゥースタジオ『Ithim Tattoo Studio』

先ほどのツイッターのリンク先に、「関西彫松一門 初代彫松」として、彼自身の運営しているタトゥースタジオ『Ithim Tattoo Studio』のホームページがあります。

そこでは、

  • 施術条件:18歳以上、高校生不可。健康体である方のみ。(要身分証明書)
  • 衛生面への配慮から施術道具は毎回使い捨て。
  • 予約方法は「ご来店、電話、メール」
  • デザインはお客が納得するまで何枚でも描く。
  • 施術の流れ:打ち合わせで絵柄を決めて次回の来店予約、針代として1万円頂戴する。

など、非常に丁寧に説明されています。

大阪近辺にお住まいの方でタトゥーに興味ある人は一度ご覧ください。

(記事おわり)

タイトルとURLをコピーしました