フランスで不良漫画『東京リベンジャーズ』が大ヒット

アウトロー関連本・雑誌
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

フランスで和久井健の不良マンガ『東京リベンジャーズ』が大ヒットしているという興味深いニュースを文春オンラインが報じています。

現地では複数の単行本が3ヶ月も売り切れ状態だった他、コスプレをする若者がSNS投稿しているそう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Seiko(@seiko_cosplay_)がシェアした投稿

上記のインスタ垢は「seiko_cosplay_」というフランスのコスプレイヤーらしき人のアカウントですが、プロフ画像では『東京リベンジャーズ』のドラケンのコスプレをしています。

このようなブームの動きを受け、フランスの有名な新聞社「ル・モンド紙」は、「Le retour des mangas « furyô »(不良マンガの再来)」という特集を組んだそうです。

その中では登場する不良は単なるアウトローとしてでなく、独自の「道徳的な規範」に忠実であることが強調されているといいます。

さらにフランスにおいては、他にも『GTO』『ろくでなしブルース』などの日本の不良漫画が多いに注目されており、PNLという人気兄弟ラッパーは『GTO』の主人公の鬼塚英吉をモチーフにした楽曲「Onizuka」を発表したそうです。

MVを見てみると、確かに途中で登場人物が『GTO』らしき漫画を手に取っているシーンが見られます。(4:15~)

該当記事はなかなか面白い内容なので、興味のある方は以下のリンクからご覧ください。

 

アウトロー関連本・雑誌
スポンサーリンク
スポンサーリンク
犀の角をフォローする



犀の角
タイトルとURLをコピーしました