「馬鹿よ貴方は」平井ファラオ光は芸人きってのサンリオファンだった

シュールな芸風で知られるお笑いコンビ「馬鹿よ貴方は」の、画家のダリのような風貌でひときわ存在感を放っている平井ファラオ光さんですが、大のサンリオファンだということを御存知でしょうか?

全然イメージないですよね…

私も最近知ってとても意外に思いました。

そこで今回は平井ファラオ光さんのサンリオ好きについて調べてみました。

「馬鹿よ貴方は」平井ファラオ光のサンリオファン歴

最初の切っ掛けは友達に勧められたことだそう。

それほど乗り気というわけではなかったのですが、何となくホームページを見たらその可愛さに止まらなくなったとか。

キャラクター設定でツッコミどころが多いと感じたこともハマる原因だったらしいです。

「TALK ABOUT」というラジオ番組に出演した時には、「女の子のもの」っていうイメージの壁を破ってしまえば天国、「変な男のプライドはいらない!」と熱弁したとか…

あの容貌でそんなこと目の前で熱弁されたら、怖くて反論できないですよね。

そしてサンリオファンになったのは、今年(2018年)の6,7月くらいらしいので、まだ半年ほどということですね。

ということでまだ知らない人も多いのかもしれないです。

サンリオファンとしてのこだわり

面白いのはこんなことを言っていること。

普通のファンは敬意をこめて「キティさん」と呼ぶ。

でも自分はキティちゃん自身が「キティちゃん」と呼ばれることを望んでいる気がするから「キティちゃん」と呼ぶ……。

すごいこだわりです。

そして、

そんなこだわりのために周囲に「サンリオ狂い」と呼ばれようと意に介しません。

好きなサンリオキャラクター

ファラオさんが好きなサンリオキャラクターですが、ラジオ番組内でベスト3を発表しています。

3位が「バニー&マッティ」。

「バニー&マッティ」はかなり古くからあるうさぎとネズミのキャラクターだそうで、ファラオさんがサンリオ好きになるきっかけになったものだそうで「一目ぼれ」だとか。

第2位は説明不要の人気者「ハローキティ」。

ファラオさんに言わせればカリスマ性があって、「これだけ芸歴も積んで、これだけの立ち位置にいるのに、仕事選ばない。泥臭い仕事もガンガンやってく」という部分がリスペクトできるんだとか。

そして第1位が「クロミちゃん」というキャラクター。

知らない人には??って感じですが、ツイッターで映像を挙げてました。

クロミちゃんはマイメロティのライバルで、2000年代に始まったアニメのオリジナルキャラクターらしいですよ。

何でもサンリオには珍しいダークサイドスターなんだとか。

まとめ

ファラオさんのツイッターやインスタグラムを見てみると、サンリオの新商品発表会「サンリオEXPO」に呼ばれた時の様子や、サンリオピューロランドで楽しそうにキャラクターと戯れている様子が写されています。

ファン歴は浅いですが、本物のファンという様子がうかがえますね。

以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

フォローする