初代総長佐々木「小山恵吾が大田区の怒羅権を作ったってホザいてるみたいだが、そんなことはない!!」【ゴブリン中村創にも言及の動画】

怒羅権・チャイニーズドラゴン
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

怒羅権の初代総長・佐々木秀夫(ジャン・ロンシン)が、汪楠(ワンナン)代理人の草下シンヤと会談する動画をアップしています。

草下(くさか)シンヤはアウトローに関する書籍に関わることが多い出版関係者で、汪楠(ワンナン)の『怒羅権と私』の出版にも関わったそうです。

この時点でかなり熱い内容なんですが、意外に動画ではワンナンについてはそこまで話さず、その代わりにそれ以外の部分でかなり熱い内容です。

この会談はTwitterでもツイートされています。

草下の佐々木のYouTubeの協力などについて話し合っています。

4:00頃~

佐々木はワンナンとコラボすることは絶対ありえないと思っていたそうですが、この会談で長期的にはありえなくはないと気持ちに変わったといいます。

しかし「周りが許さないね」とも語っています。

11:30頃~

佐々木はユーチューバーのラファエルが好きだそうです。

23:00頃~

朝倉未来の話が出てます。

30:00頃~

草下「大事なのはグッドとバッドの比率」

37:00頃~

視聴者質問「ゴブリン君は3日怒羅権をやったというのは本当ですか?」

佐々木「ゴブリン?」

草下「中村創さんじゃないですか?」

佐々木「ええ!そうなの!?中村創は俺は直に知らないけど、出てきてから『一時は怒羅権やってた』って言う後輩は結構いた」

インタビュアー「現状だとその程度なのですね。では後日、怒羅権ネットワークで調べた方がいいですね」

41:20頃~

視聴者質問「宇田川警備隊6代目総長・小山恵吾という方が、大田区に怒羅権を作った・作らせたなどの話を話しています。その話も含めて怒羅権を組織化する話を楽しみにしています」

佐々木「(小山は)知らない」(これはおそらく怒羅権OB・怒羅権関係者としては認知してない、という意味)

草下「YouTubeをやってる方で」

佐々木「うん。なんかあちこちに大田区の怒羅権は自分が作ったってホザいてるみたいだけど、そんなことない!!」

草下もインタビュアーに聞かれる。

「(自分は)分からないですね。見てもないんで、分からないです」

佐々木は小山について「裏を取った」と言っています。

視聴者に「どうですか」と聞かれて知ったそうで、深夜に配信しており結構人気があることまで知っていました。

ただちょうど面白いところでエンディングに入って佐々木の喋りは切れています。

(記事おわり)

タイトルとURLをコピーしました