怒羅権の創設メンバー7人の名前|初代総長と汪楠との見解の相違

怒羅権・中国人不良グループ

怒羅権の初代総長・佐々木秀夫がYouTube動画で、怒羅権の創設メンバーの7人の名前を具体的に挙げています。

また怒羅権初代の佐々木の見解と、怒羅権創設期のメンバーとしてメディアに出て有名になった汪楠(わんなん)は、創設メンバーに関する見解も食い違うそうです。

この2つについて合わせてまとめました。

スポンサーリンク

怒羅権の創設メンバー7人の名前|初代総長と汪楠との見解の相違

初代総長の佐々木が挙げた怒羅権の創設メンバー7人の名前

伝説が始まる。三回目

再生ボタンで該当箇所付近からです。

佐々木は怒羅権の創設メンバーとして、この7人の名前を挙げています。

  1. 利(りー。ハン・リー)
  2. 成(なり。ハン・セー)
  3. 金山(きん)
  4. 会田(かいだ)
  5. 井上(いのうえ)
  6. ヤン(※余語・ヨーゴ)
  7. 自分(初代総長の佐々木秀夫=ジャン・ロンシン)

佐々木によれば、この7人中2人は既に故人だといいます。

動画内の話で確認が取れる限りは、1番目の利はまだ存命中です。

また佐々木が6番目に挙げてる「ヤン」は5人兄弟の次男だそうです。

※『正統版』のこちらの動画(https://www.youtube.com/watch?v=wprqf9qmvk8)の11:00頃にその話が出てます。

汪楠(わんなん)の語る怒羅権創設メンバー

創設メンバーの一人、日本語が達者な「ヤン」

面白いのが、ワンナンも「ヤン」というメンバーがいたことを知っており、「日本語が達者なので抗争の相手チームに『俺がヤンだ!』といつも名乗り上げていたので、勝手にリーダーだと誤解されていた」と語っています。

にも関わらず佐々木はことあるごとに汪楠(わんなん)を「偽物」と呼んでいます。

つまり佐々木にとって汪楠の語る怒羅権は正史ではないということです。

汪楠の語る怒羅権創設メンバーは8+4=12

細かい部分でも府中怒羅権の創設者とされる汪楠(わんなん)の見解と食い違うそうです。(動画:17:15~)

※動画内での説明です。私自身は汪楠の本を読んでません。

ワンナンが言うには創設メンバーは合計で12人

内訳は中三と中二が8人、それに汪楠含む4人、8+4=12だと。

先述の通り、佐々木は汪楠(ワンナン)を「偽物」と呼んで認めていません。

そのため、ワンナンの本を読んでいない佐々木のために、インタビューする人がワンナンの本の内容を読み上げると時折失笑を浮かべるシーンが見られます。

最後に

佐々木が開設した新YouTubeチャンネル「正統版 怒羅権列伝初代佐々木秀夫公式チャンネル」は、地味なんですけどかなり面白いです。

ちなみに佐々木は、交流はないものの汪楠という人間はたしかに中国残留孤児で同じ葛西中学の2学年下にいたことを覚えているそうです。

(記事おわり)

タイトルとURLをコピーしました