怒羅権佐々木マネージャーがバッキー事件の質問を取り上げる

スポンサーリンク
アウトロー系ニュース
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

中国残留孤児2・3世らが中心となって結成された暴走族・半グレ「怒羅権」の初代総長の佐々木秀夫のチャンネルで、マネージャーがバッキ―事件の質問を取り上げました。

スポンサーリンク

バッキ―事件とは?

バッキ―事件とは、ビデオ制作会社「バッキービジュアルプランニング」が起こしたとされる、セクシー女優に対する凄惨な事件です。

2004年に起こり、逮捕や裁判などが2004~2007年に行われたこの事件は、被害者の女性が人工肛門をつけることになった、などの悲惨な内容が伝聞され、社会に大きな衝撃を与えました。

バッキー事件 - Wikipedia

そして怒羅権佐々木の男性マネージャーは、この事件においてナンバー2の立場で逮捕された過去があります

このことは以前から一部では話題になっていましたが、これまではごくまれにチャット欄で言及する声がある程度で、それに関連する質問もスルーされる傾向にありました。

スポンサーリンク

バッキ―事件に関するQ&A

ライブではマネージャーが幾つかの質問を取り上げ、佐々木に問いかける形で進行していきます。

飛び飛びにバッキ―事件の話題が出るので、話題が出る時間と内容をまとめておきます。

22:00頃~

マネージャー「結局、こういう裏方に関する質問が出るんだな・・まあいいか、じゃあ『マネージャーはバッキ―事件の関係者?』」

佐々木「それは、勝手にみんなで想像してくれ」

23:30頃~

マネージャー「マネージャーさんはバッキ―ビジュアルプランニング(※)を知ってますか?」(※バッキ―事件を起こした会社)

この質問は佐々木が別の質問に食いついてしまいウヤムヤになる。

32:30頃~

マネージャー「じゃあ、これも今日やっときますか。『佐々木さん、栗山龍と浜田太平洋のことをどう思いますか?』って来てます」(栗山龍はバッキ―事件の主犯、濱田太平洋はマネージャーの名前)

佐々木「クリヤマリュウ?クリヤマリュウって誰よ?」

マネージャー「知らなきゃそれでいいんじゃないですか」

マネージャー「これもあれか、最近多いんで片付けときます。『バッキ―事件と佐々木さんは関係ありますか?』って来てます」(ネットの一部で、バッキ―ビジュアルプランニングのケツモチは怒羅権だったという噂があったため)

佐々木「ありません!」

スポンサーリンク

41:00頃~

マネージャー「(チャットコメントで)『バッキ―関係者は日の当たるところに出てはいけない。一生日陰で生きるべき』」

佐々木、笑う。

マネージャー「バッキ―のケツモチが怒羅権だったってことをさも当たり前のことのように言う人がいるんですけど、じゃあ訊きましょうか?バッキ―てもののケツモチをやってましたか?」

佐々木「バッキ―ってもの自体知らない」

マネージャー「これが事実です。勘ぐる人は、『ああ打ち合わせして言ってるんだな』って思うかもしれないけど」

佐々木「知らないですね。その事件自体(詳しく)知らないです」

45:00頃~

マネージャー「バッキ―の話が多すぎて、正直これについては、裏方としては申し訳ないと思ってます。佐々木さんのチャンネルでバッキ―バッキ―でいってるじゃないですか。そういうのも別に消してないじゃないですか。なんていうんですかね、才能あふれすぎちゃってるっていうか」

マネージャー「自分、一番はじめに来た懲役の話でもしてるんですけど、まず大前提で、俺は悪いことしたと思ってないんで、俺はね。俺は悪いことしたと思ってないし、俺は懲役行きましたけど、被害者がいるなら連れて来いって話なんですよ、俺からするとね、どこに被害者がいるかも分かんないんだけど。俺が裏方である以上、ここで言う必要はないんですけど、今日だけ言っちゃいました。あまりにもウザいんで。」

58:40頃~

マネージャー「(チャットコメントで)『人工肛門つけてる被害女性いるだろ』って言ってるんですけど、いないですね」

(省略)

マネージャー「東京スポーツの一面にそういうのが載ったんですよね、ただそれバッキ―でも何でもなかったんですよね。だからそれ裁判にも取り上げられなかったんですけど、派手な部分がそういう風にいってる(広まっている)だけで、そんなことはないです」

最後に

以前は佐々木のライブではせいぜい一人や二人がバッキ―事件に言及するだけでしたが、しばらく見ない内に非常に多くの人がこの話題に食いつくようになっています。

しかし、ライブの最後ではマネージャーは「裏方に関する質問は今後はすべて無視するんで」と言って終えているので、今日ほど取り上げられることはもうないかもしれません。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました