コカコーラの値上げはなぜ?理由や対象商品は?いくら値上げするの?

コカ・コーラボトラーズジャパンが4月1日から

商品を値上げすることを発表しました。

消費増税分の値上げ以外だと27年ぶりだそうです。

ここでは値上げ額・値上げの理由・対象商品などについて調べました。

コカ・コーラの値上げ対象商品・値上げ額は?

View this post on Instagram

コカ・コーラさん(@cocacola_japan)がシェアした投稿

コカ・コーラ ボトラーズジャパンの8日の発表によると

4月1日出荷分から大容量サイズの清涼飲料の価格を上げるそうです。

値上げ額は20円。

対象は1.5リットルと2リットル入りペットボトル商品ということになります。

値上げする商品は、「コカ・コーラ」のほか「アクエリアス」や「綾鷹」などのアイテム。

「コカ・コーラ」「アクエリアス」「綾鷹」の1.5~2リットルが上がるってことは

主力商品は軒並み上がるって感じですね。

私は最初、「コカ・コーラだけ」って認識だったんですけど、コカ・コーラ社の商品の主力が軒並みあがるって結構痛いですよね……

ただ、1.5や2リットルってことは、自販機やコンビニで売られてるような350や500は上がらないということなので、それがせめてもの救いです。

この商品が値上がりする

値上がりする商品をすべて見てみましょう。

まず1.5リットル

  • コカ・コーラ
  • ファンタ
  • カナダドライ
  • スプライト
  • ニミッツメイド Qoo(クー)

あと1.555ペットの「い・ろ・は・す」(フレーバー)も上がります。

次に2リットル。

  • コカ・コーラ
  • ファンタ
  • アクエリアス
  • 綾鷹
  • 爽健美茶
  • からだ巡茶
  • 煌(ファン)
  • い・ろ・は・す
  • 森の水だより

そしてゼリー飲料の「ミニッツメイド ぷるんぷるんQoo(クー)」も値上がりするみたいです。

コカコーラの値上げの理由は?

View this post on Instagram

コカ・コーラさん(@cocacola_japan)がシェアした投稿


そこで何で値上げするの?ってことが気になるんですが、コカ・コーラはこんな説明をしてるみたいです。

物流費の高騰に加えて、原材料価格も上昇を続けている。当社ではこれらのコストアップを吸収すべく、生産・オペレーションの効率化や経費削減などの企業努力をしてきたが、その吸収が極めて困難な状況となり、一部製品の価格改定を実施することとなった

はっ? どういう意味?

小難しい言い方ですね。

よく読んでみましょう。

「物流費の高騰」

つまり商品を運んだりするお金が前よりかかる、と。

そして「原材料価格も上昇

これはまんま、原材料が高くなったと。

続けて、そういう「コストアップ」はあったけど、商品を値上げしないで済むように「企業努力をしてきた」。

でもそれが「極めて困難な状況となり」値上げを「実施することとなった」。

要するに「商品を運ぶ費用が上がったり、原材料の値段が上がったりしたけど、商品を値上げしないで済むように頑張ったよ」

「でももう無理」

「値上げするわ。ごめんね」

ってことですね。

平気ってこたないけど、ま、しゃーないのかなって感じです。

コカ・コーラ値上げまとめ

  • 値上げする商品は、「コカ・コーラ」「綾鷹」「アクエリアス」などの16商品。
  • 対象は1.5リットルや2リットルで、値上がりするのは20円くらい。
  • 350や500は据え置き。

以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

フォローする