COBRAのスノーデンに関する見解|コブラはスノーデンに肯定的

コブラレジスタンス
この記事は約4分で読めます。

COBRAのエドワード・スノーデンに関する見解をまとめました。

引用の下に参考記事のリンクを貼っています。

エドワード・スノーデンは、2013年6月にNSAの機密情報を主要メディアに暴露し、個人情報監視の実態を暴いた人物。現在はロシアに亡命中。

スポンサーリンク

COBRAのスノーデンに関する見解|コブラはスノーデンに肯定的

スノーデンはポジティブな役割を担った

A: NSAの内部告発者のスノーデンは、何故ロシアを行先に選んだのですか?

C: 彼が選んだのではなく、環境が彼をロシアに導いたと言えるでしょう。その前は香港に行こうとしていました。

A: なるほど、前回は香港と言ってましたものね。彼は光の為に働いているということでいいんですよね。

C: はい、そうではないと主張する陰謀論はありますが、彼は多くの一般人にNSAに盗聴されていることを知らしめました。ポジティブな、大きな変化を大衆に起こしました

アレクサンドラのコブラインタビュー 2013-07|NOGI|note
元記事: コブラによる7月の月間アップデートCOBRA(コブラ)のThe Portalの日本語訳をまとめています。cobraportaljp.blogspot.com 要約編集してあります。-訳者より A = アレクサンドラ C = コブ

ロブ:エドワード・スノーデンは本物の告発者ですか、それとも情報の攪乱を狙っているのですか?

コブラ:彼はとてもポジティブな役割を担っています。彼は大衆に、NSAのスパイプログラムが現実に存在していることを知らせたのですからね。それは大変良いことです

https://prepareforchange-japan.blogspot.com/2014/08/blog-post_26.html

2013年に目覚めた人が増えた要因

アレクサンドラ:オーケー。いつでもお待ちしております。(はい。あなたもコンタクトされそうですね)。「1975年5月25日のことです。エネルギーがサッと放たれ、浄化プロセスが始まりました。実際そのおかげで、カバールの所業に気づくようになったのです」とあります。2013年の場合は、何によるものなのですか? 地球惑星で目覚めた人たちが増えた一番の要因は何ですか?

コブラ:一番は、スノーデン氏の秘密暴露です。金融システム以外にも何かが間違っていると、大衆の気づきを促しました。人々は大衆監視を意識するようになりました。これはとても良いことです。二番目は、エジプトからムスリム同胞団を排除したことです。それは実にイベントのリハーサルそのものと言えます。

アレクサンドラのコブラインタビュー
2014年1月7日付 アレクサンドラのコブラインタビュー Cobra and Alexandra Meadors Transcription for January 7, 2014

ロシアとスノーデン

A: エドワード・スノーデンの話題です。とりあえずロシアでの一定期間の滞在許可を得ましたが、このことについてコメントをお願いします。

C: プーチンは東方連合だけでなく、いくつかの善良な勢力とも繋がっています。ロシアは今最も価値がありそうな人物をかくまっているのです

A: え、ロシアが善良な勢力と繋がっているというのは初めて聞きました。

C: はい、繋がっています。カバールはプーチンを買収しようと何度か試しました。彼は少々独裁者の気があり、悪意も多く持っていますが、カバールや既存の金融システムにとても強く反対しています。

アレクサンドラのコブラインタビュー 2013-08|NOGI|note
元記事: コブラによる8月の月間アップデートCOBRA(コブラ)のThe Portalの日本語訳をまとめています。cobraportaljp.blogspot.com 要約編集してあります。-訳者より A = アレクサンドラ C = コブラ A

スノーデンを取材したジャーナリストの死

またカバールがスノーデンを取材したジャーナリストの死に関与した、としています。

ロブ:4、5人のレポーターが9.11に関する衛星情報を受け取っていたらしいですね。米国トップジャーナリストのブライアン・ウィリアムズと3人の仲間、他に4人のジャーナリストが72時間以内に殺されました。そのうちの一人はエドワード・スノーデンをインタビューした4時間後に心臓発作で亡くなっています。カバールが関わっているのですか?

コブラ:はい、ほとんどそうです。残念なことですが。

ロブポッターのコブラインタビュー
2015年3月16日 March Monthly Update, Another Interview and the Breakthrough Conference Report

Jアノン有名人のスノーデン否定

スノーデンのことで思い出すのは、一時期、ツイッターの情報拡散を積極的に行っていた、日本におけるQアノン(Jアノン)の有名人だった Eri が、自己紹介などで枕詞のように「スノーデンは闇(カバール)側」としていたことです。

Qアノンの総本山はNSAだとされており、NSAの告発者であるスノーデンを否定するのは当然かもしれませんが、この情報と合わせると興味深いです。

該当記事は発見できなかったのですが、TOCANAに登場するジェームズ斎藤は「Qアノンに潜入調査したところ、カバールに浸透されていた」と語っていた気がします。

タイトルとURLをコピーしました