COBRAのローマ教皇フランシスについての発言まとめ

コブラレジスタンス
この記事は約2分で読めます。

COBRAのローマ教皇についての発言です。

スポンサーリンク

COBRAのローマ教皇フランシスについての発言まとめ

フルフォードが信用しても私は信用しない

A: ローマ教皇がシリアの平和の為に祈ろうと呼びかけていますが、彼は光側のふりをする、闇側の人間ですか?

C: 最近の惑星状況報告でも説明したように、これはイエズス会の戦術です。ムスリム同胞団のそれと似ていますが、いつも友好的な人に見せかけてきます。親切な振舞いをしたり、少しばかりの金銭的施しをしたり、平和瞑想を企画したりして、システムの中に侵入するのです。こうして何百年もの間、同じ戦術を続けています。イエズス会の歴史を勉強してみれば、世界中の政府にこのやり方で潜入してきたのが理解できます。中央銀行を作ったのもイエズス会です。ロスチャイルドはその次です。フルフォードはこの教皇が気に入ったようですが、私は信用しません

アレクサンドラのコブラインタビュー 2013-09|NOGI|note
元記事: 新コブラインタビューCOBRA(コブラ)のThe Portalの日本語訳をまとめています。cobraportaljp.blogspot.com A = アレクサンドラ C = コブラ A: 最初の質問です。マーチン・ルーサー・キングや、ジョン・F・ケネディ、

ローマ教皇が良い人を装うのはイエズス会の伝統的手法

A: 新ローマ教皇はイスラエル首相のネタニヤフとの会談を拒否したそうですね。

C: はい、イエズス会の戦略です。有力者はイルミナチ派閥がこの惑星から排除されると気付き始めています。その情勢に適合するため、急にアメリカやイスラエルのカトリックに反対しているような姿勢を見せるのです。新教皇も同様です。イエズス会の伝統と言ってもいいでしょう。このように良い人を装って、教会とイエズス会が生き残れるように仕向けているのです

アレクサンドラのコブラインタビュー 2013-10-29|NOGI|note
元記事: Cobra and Alexandra Meadors Transcription for October 29, 2013 | Galactic Connectiongalacticconnection.com コブラによる10月の月間アップデートCOBRA(コブラ)のThe ...

ローマ教皇はレプティリアンではなくアルコンである

ロブ:ケヴィン・アネットとのインタビューが近づいているので、この質問を取り上げねばなりません。「ローマ教皇はシェイプシフトするレプタリアンですか?」

コブラ:ローマ教皇はシェイプシフトもしなければ、レプタリアンでもありません。彼はアンドロメダのネガティブ側のアルコンです。

ロブ・ポッターのコブラインタビュー
2015年11月12日 ロブ・ポッターのコブラインタビュー 2015 November 12 ~ Cobra Resistance Interview
タイトルとURLをコピーしました