COBRAのリチャード・ロックフェラーの墜落死についての発言

コブラレジスタンス
この記事は約1分で読めます。

COBRAの、2014年に起こったリチャード・ロックフェラーの墜落死についての発言です。

発言は2014年6月のコブラインタビューのものです。

ロブ:ロックフェラー氏の死に関して、大勢の人が質問してきました。RMの光の勢力がカバールを連れ出す作戦の一環ですか。

コブラ:こう言いましょう。事件は13日の金曜日に起こりました。そして13日の金曜日は、テンプル騎士団のリーダーが処刑された日であると。(フーン、面白い。オーケー)。もっと色々ありますが、今のところ私に言えるのはこれだけです。

ロブ・ポッターのコブラインタビュー
2014年6月17日 ロブ・ポッターのコブラインタビュー(前半) 2014 June 17 – Cobra Interview

コブラの言葉を文字通り受け取れば、テンプル騎士団が過去に団長を殺された報復のために、同じ13日の金曜日にリチャード・ロックフェラーを墜落死させた、と解釈できます。

リンク先の引用記事では「ロバート・ロックフェラーの墜落死」となっています。しかし墜落死のニュース記事から、ロバート・ロックフェラーではなくリチャード・ロックフェラーであることが分かります。
タイトルとURLをコピーしました