COBRAのバラク・オバマに関する見解まとめ

コブラレジスタンス
この記事は約2分で読めます。

COBRAのバラク・オバマに関する複数の言及をまとめました。

スポンサーリンク

COBRAのバラク・オバマに関する見解まとめ

オバマの過去の所業は行き過ぎた

A: この状況では、オバマが旧地球と新生地球の架け橋になるとは到底思えません。彼はまだ、光のミッションに転じる可能性がありますか?

C: オバマについては、非常にデリケートな状況です。彼が今やっていることには言及しませんが、光のミッションをこなすには、彼の過去の所業はあまりにも行き過ぎてしまったというのが現実です。多くの人にとって、彼はもうポジティブな人物には映らなくなってしまいました。ですから、もう少し中道の人が必要です。

アレクサンドラのコブラインタビュー 2013-12-03|NOGI|note
元記事: Cobra and Alexandra Meadors Transcription for December 3, 2013 | Galactic Connectiongalacticconnection.com コブラによる11月の月間アップデートCOBRA(コブラ)のThe ...

彼はもう光の勢力に従っていない

アレクサンドラ:オバマの役割について、陰謀論側と精神世界側の人とで意見が分かれているので、はっきりさせてくれますか。大統領就任以来、14人の国会議員が彼とその家族を殺そうとしているという情報があります。それについてのコメントをお願いします。

コブラ:この質問にはすでに答えていますが、オバマは光の勢力として生まれてきました。しかしミッションの間、譲歩してばかりいました。彼はもはや光のチームとしての役割を担えなくなるほど、ずっとコントロールされてきました。彼を殺そうとする陰謀はこれまでたくさんありました。企てているグループは一つだけではありません。グループそれぞれに異なる動機があるのです。

アレクサンドラ:彼が譲歩してばかりいたのは、脅されていたからですか?

コブラ:はい、その通りです。彼は脅されてきました。彼の家族も脅されてきました。だから彼はもう光の勢力の計画には従っていません

アレクサンドラのコブラインタビュー
2014年4月9日付 アレクサンドラのコブラインタビュー(前半) インタビュー音声ビデオとトランスクリプト Cobra's Interview with Alexandra Meadors 9th April 2014
タイトルとURLをコピーしました