COBRAはフラットアース(地球平面)説を「地球が球体なのは明らか」と一蹴

スポンサーリンク
コブラレジスタンス
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

COBRAのフラットアース(地球平面説)についての見解です。

ロブ:私をうんざりさせる質問が来ており、これまであなたに訊かなかったのですが、何度も尋ねられるので質問します。ああ、何てこった、人々が私に地球は平らだと言うのです。ハッブル望遠鏡で土星の回転を見れば済むことなのに、何であなたに回答してもらう必要があるのか、私にはわかりません。

コブラ:オーケー。彼らには私から説明しましょう。近々この辺の事情についてブログに投稿します。

ロブ:オーケー。地球は球体でしょう?

コブラ:地球は球体に非常に近い形です。少し扁平していますが、基本的に、ええ、球体です。私が答えるまでもありません。明かなことだと思います

ロブ・ポッターのコブラインタビュー
2015年5月20日 ロブ・ポッターのコブラインタビュー(前半) May Monthly Update by Cobra

また、私は理系でないので次の理屈は理解しづらいですが、コブラは「地球が平らなら日没を目視することができるはずがない」と否定しています。

光や理解の浸透が深まれば、徐々に解明されていく科学概念や代替コミュニティの認識も他にあります。たとえば、(エネルギー閉鎖系の存在を否定する)熱力学の第二法則や、(少なくとも肉眼で見える範囲で因果律を破る)過去へのタイムトラベルや、平らな地球説です。(地球が平らなら、海面の水平線で日没を目視することはまず不可能です。なぜなら、沈む太陽の光は何千マイルの空気層を通らなければならないため、その大半は大気に吸収されるからです。)

開示プロセス
COBRA(コブラ)のThe Portalの日本語訳をまとめています。
タイトルとURLをコピーしました