【COBRA】なぜ龍は中国人にとって縁起がいいのか

コブラレジスタンス
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

コブラが、中国の三星堆遺跡(さんせいたいいせき)とポジティブなドラコニアンの関係について書いている箇所をご紹介します。

三星堆文明はトゥバン(りゅう座アルファ星)から来たET派閥が主に定着した場所です。彼らは最も知られているポジティブなドラコニアン一派です。彼らは中国文化の起源の一つで、龍が中国人にとって縁起のいい象徴になっている主な理由の一つでもあります。5000年前に、トゥバンのドラコニアンが成都のヴォルテクスを経由して地球に降り立った時、トゥバンは北極星でした。

三星堆は中国語では、三つの星の丘という意味です。この三つの星はトゥバン、アンタレスとアルデバランです。この三つの星は非常に強いエネルギ三角形を構成しています。アンタレスとアルデバランは、銀河のこの領域内でのポータルによる星間移動を司る、銀河の主要なプラズマ光路です。

青の守護者とイベント
COBRA(コブラ)のThe Portalの日本語訳をまとめています。
三星堆遺跡 - Wikipedia

完全にカテゴリー違いですが、アウトローカテゴリーで中国残留孤児2世らが作った暴走族「怒羅権」をよく扱うので、これも何となく取り上げてみました。

怒羅権の初代総長・佐々木秀夫は、「中国といえば龍だ」という連想から「ドラゴン」という名をつけ、それに「怒羅権」と当て字したそうです。

タイトルとURLをコピーしました