COBRAのベンジャミン・フルフォードについての発言

コブラレジスタンス
この記事は約3分で読めます。

COBRAはベンジャミン・フルフォードについて比較的信頼できる情報源として扱い、インタビュー等でも言及されることが多いですが、それらのうち幾つかのものをここでまとめました。

スポンサーリンク

COBRAのベンジャミン・フルフォードについての発言

フルフォードはイエズス会のエージェントではない

A: 世界銀行の内部告発者カレン・ヒューダスが、ベンジャミン・フルフォードはイエズス会に買収されたと発言しました。どう思われますか?

C: 彼女がそう発言したことは知りませんでした。ですが、彼女は実際にイエズス会を暴露しています。フルフォードがイエズス会系組織である上智大学にいたことは事実です。イエズス会が二者間の対立を煽るために各方面に侵入するのも事実なので、それもイエズス会の作戦だと思います。ただ、私はその発言を確認していません。それと、フルフォードはイエズス会のエージェントではありません。

アレクサンドラのコブラインタビュー 2013-12-03|NOGI|note
元記事: Cobra and Alexandra Meadors Transcription for December 3, 2013 | Galactic Connectiongalacticconnection.com コブラによる11月の月間アップデートCOBRA(コブラ)のThe ...

そうしてくれるのは彼だけ

アレクサンドラ:オーケー。ロスチャイルドがイエズス会と組んで、新金融システムを乗っ取ろうと潜入していると言っていましたね。その活動を封じるために、レジスタンスが行った活動には、例えばどんなものがありますか? 人々が私に質問してくるのは、あなたは私たちに何を明かすことができるのか、どの時点で、三次元の意識でわかるように、レジスタンスが自らを明かすのか、ということです。

コブラ:問題は、そうした活動のほとんどが、舞台裏で行われていることです。(レジスタンス・ムーブメントの存在と活動を証明する)メインメディアでの証拠はゼロ。代替メディアでもほとんどゼロ。ときどきフルフォード氏が、そうした出来事のいくつかを報じていますが、そうしてくれるのは彼だけだと思います

アレクサンドラのコブラインタビュー
2014年1月7日付 アレクサンドラのコブラインタビュー Cobra and Alexandra Meadors Transcription for January 7, 2014

いい情報ソースを持っているが

アレクサンドラ:有り難う、コブラ。私たちにはそうした情報が必要でした。人々が気にしているのですが、あなたとフルフォード氏で、反対のことを言っている場合が、いくつかあり、特にバチカンに関してはそうです。フルフォード氏は「彼らは本当に態度を入れ替えている。彼らは人類に、もっと心を砕くようになった etc」と言っています。
そしてあなたは、これはイエズス会の戦略で、いずれ、ETの侵略をでっち上げるために、今のところ良い人間を演じて、人々の支持を得たいのだと言います。バチカンと新しい法王は、今の時点で、本当のところはどうなっているのでしょうか。

コブラ:すでに言いましたが、彼は、イエズス会のアジェンダを実行しているイエズス会の法王です。私は、バチカンに良い人間がいないとは言っていません。今、イエズス会が試みていることは、主に、金融システムを乗っ取り、自分たちのアジェンダを進めていき、イベント後に生き残ろうとすることです。人心掌握術にかけては、彼らはマスター級です。明らかにフルフォード氏は、ある程度、彼らを信用しています。彼に内部情報をもたらすソースとして、とても良いものがいくつかあります。けれども、彼がいつでも、情報の質の善し悪しを識別できるとは限りません

アレクサンドラ:識別力は今日の鍵となる言葉ですね。

コブラ:そうです。彼はとても良い情報ソースをもっています

アレクサンドラのコブラインタビュー
2014年1月7日付 アレクサンドラのコブラインタビュー Cobra and Alexandra Meadors Transcription for January 7, 2014
タイトルとURLをコピーしました