チャニーズドラゴン大野宏と王秋岩を逮捕|投資失敗からの恐喝の容疑

怒羅権・チャイニーズドラゴン
この記事は約2分で読めます。

2020年12月2日にチャイニーズドラゴン関係者らの2人が逮捕されました。

2人は会社経営の男性に勧められた株式投資の失敗から因縁をつけ、合計で245万円を脅し取ったということです。

(別に話題性の強いニュースではないので期待しないでください)

スポンサーリンク

チャニーズドラゴン大野宏と王秋岩を逮捕|投資失敗からの恐喝容疑

事件の概要

事件の概要は次の通り。

  • 中国残留孤児の2世や3世らが中心の不良グループ「チャイニーズドラゴン」の幹部ら2人が逮捕。
  • 逮捕されたのはチャイニーズドラゴン幹部で東京・新宿区の無職の大野宏容疑者(51)とチャイニーズドラゴン関係者の王秋岩容疑者(49)
  • 2人は中国籍の会社経営の男性を恐喝した疑い。
  • 男性から株式投資を勧められたものの利益が出せず、「2000万円以上損した」などと因縁をつけた。
  • 去年7月、新宿区の飲食店に会社経営者の男性を呼び出し、車で拉致することをほのめかして無理やり借用書を書かせた。
  • 去年8月から10月にかけて、あわせて現金245万円を脅し取った。
  • 大野容疑者は「店にはいたが恐喝はしていない」と容疑を否認している。

ニュースでは「チャイニーズドラゴン」と報道されてますが、この名前は「怒羅権」周辺の中国人系不良を警察が総称して呼んでいる可能性があり、本当の細かい所属の名前は違うかもしれません。

最後に

日本に来てる外国人の不良は、中国系の不良を中心に日本のヤクザとバッティングしないように、同じ国の同胞をターゲットにすることが多いと聞きます。

この事件でも被害者は「中国籍」とされています。

日本人を標的にされても困りますが、「別によその国でまで同胞を狙わなくても…」と思わなくもありません。

この記事は以上になります。

タイトルとURLをコピーしました