書籍

書籍

真鍋昌平の年齢や生年は?顔が若い?『闇金ウシジマくん』作者の年齢

真鍋正平といえば『闇金ウシジマくん』という、登場人物が夢に出て来てうなされそうなインパクト大の漫画の作者です。 しかし当記事執筆の時点では、ネット上において真鍋正平氏の年齢については信憑性の薄い情報しか見つからないようです。 そ...
アウトロー

松嶋クロス(松嶋重)の瓜田純士『遺書』での喧嘩・抗争エピソード

松嶋クロス(松嶋重)といえば見立真一に次ぐ関東連合のナンバー2だった者として知られている。 しかし関東連合の他のメンバーと異なり、松嶋クロスは腕力で抜きんでていたわけでもなく、その喧嘩の仕方や立ち振る舞いは独特だった。 彼は腕力より...
書籍

三島由紀夫の自死後、ドナルド・キーンに届いた手紙の内容とは?

日本文学者で日本文化の優れた理解者だったドナルド・キーン氏が96歳で亡くなった。 ドナルド・キーンといえば、永井荷風、谷崎潤一郎、川端康成、三島由紀夫、吉田健一、石川淳、司馬遼太郎など多くの日本文学者との交流でも知られている。 ...
書籍

ドナルド・キーンの養子のキーン誠己とは?養父との共著がある?

アメリカ出身の優れた日本文学者・日本文化の理解者であったドナルド・キーン氏が96歳で亡くなった。 ドナルド・キーン氏は生涯独身だったが、キーン誠己氏という養子がいたようだ。 キーン誠己氏は「五代目 鶴澤 浅造(つるざわ あさぞう...
書籍

加藤諦三の生い立ちとは?祖父母や父親について

ニッポン放送系のラジオ番組『テレフォン人生相談』でラジオパーソナリティーを務めている加藤諦三は、心理学的な著作を多く持っていることで知られている。 その著書は親子関係を重視しているために、現代の「毒親論」の系譜の、もっとも最初期のもの...
書籍

ヤクザになる理由とは何か?環境に焦点を当てた犯罪社会学的著作

廣末登の『ヤクザになる理由』は、犯罪社会学の視点からヤクザになる人間の家庭環境・地域環境などを分析した著作である。 著者の廣末によれば、犯罪社会学はしばしば「犯罪心理学」と混同されてしまうが、あくまでも犯罪者を社会学的視座から分析する...
書籍

日本人論・日本論の名著3選【これだけは読んでおきたい日本論】

よく「日本人は日本人論好き」だということがいわれる。 たしかにそうなのかもしれない。 しかし「好き」だということと、「これぞ」というものを知ることには大きな距離がある。 ここでは、僭越ながら私が触れて「これぞ」と思った三つ...
書籍

アニメの原作漫画『バナナフィッシュ』に出るヘミングウェイの2作品

とうとうアニメの『BANANAFISH』(バナナフィッシュ)が終わりましたね。 いや、感動のラスt‥‥ごめんなさい、ぼく本当は見てないんですけどね。(いちおう断っておくと、漫画の方はちゃんと全巻読んでますよ) でもネット上の情報...
書籍

内田樹の『日本辺境論』 『菊と刀』以来の日本人論の傑作

内田樹の『日本辺境論』はルース・ベネディクトの『菊と刀』以来の日本人論の傑作である。といっても私はこの二冊くらいしか日本人論を知らないのだが、それでもこの二つさえ押さえれば、とりあえず十分だと思っている。 もっともこれは本居宣長の国学...
書籍

【感想】『葉隠入門』三島由紀夫

二十歳前後の頃、三島由紀夫の『葉隠入門』を読んで鮮烈な印象を受けた。 引用されている山本常朝の『葉隠』の、その烈しい語句と思想、そしてまた三島の言葉でいえば「いささかのシニシズムも含まぬ世間知」に、である。 そこで興味をもって岩...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました