米議会襲撃のバッファローマンがQやカバールについて語った衝撃動画

Qアノン・トランプ

米議会襲撃事件以来、その犯人は「白人至上主義者だ」「いや、アンティファやBLMだ」、そうではなく「トランプチームによる証拠(ペロシらのパソコンなど)押収のための行動だ」と様々に言われてきました。

ところがなんと最近、あの襲撃事件のキーマンである「バッファローマン」として知られるQアノンのジェイク・アンジェリ氏が、襲撃事件前に自らの口で語っている動画が発見され、その内容に注目が集まっているようです。

Mom of Arizona man charged in riot speaks out

その動画でバッファローマンのジェイク・アンジェリ氏は、秘匿されてきた3つの特許や米国の宇宙軍、トランプチーム・Qやカバールなどなど、かなり濃密な内容を語っています。

あの「バッファローマン」としての野蛮な外観とは裏腹に、その語り口は非常に冷静に見え、彼自身の語るところを信じるならば、一般的に想像されていた以上にQの内情に通じた人物であったようで、これは「トランプチームによる証拠押収のための行動」説を裏付けているように思えます。

ここではその動画内容をざっくり紹介します。

スポンサーリンク

米議会襲撃のバッファローマンがQやカバールについて語った衝撃動画

この日本語翻訳動画の一つは、現時点(2020年2月14日)でその前半部の要約が「トランプ陣営の最新動向の情報収集方法|重要人物とYouTube5選」でもご紹介したYouTubeチャンネル「一日一食 OMAD エンドゥ」で公開されており、その完全版は「Makana Spiritual(マカナ・スピリチュアル)」というチャンネルで公開されています。

下は「一日一食 OMAD エンドゥ」さんのものです。

米海軍のバッファロー男(ジェイクアンジェリ氏)の「これが計画だ」の字幕・吹替【前編】(全2回)なぜ真実の情報が断片的にしか拡散されないのか! その真相!!

 

動画の紹介がメインなため、ざっくりとだけ内容を解説します。

  • 私は米海軍と関わりが深く、スーパーソルジャーとして働いていた。そうした理由から最高レベルからの情報を得ることができる。
  • 秘匿された重要な技術は3つある。無重力装置の飛行機、フリーエネルギー、フリーエネルギーをオーバーヒートさせないための装置。
  • フリーエネルギー装置は原発1年分のエネルギーを1日で発生させることが可能なほど強力である。
  • これら3つを組み合わせたのが米国の宇宙軍の技術である。
  • トランプはアメリカ経済の仕組みをひっくり返した。これは間もなく世界中に波及する。
  • Qコミュニティは情報の完全開示を望んでおり、そのゴールは悟り・アセンション・豊かさ・非暴力の世界である。
  • 計画は敵方の行動で変更されることもある。なぜならこれは戦争だからである。
  • コロナはルッキンググラス(未来を透視する装置)であらかじめ分かっており、われわれはこれを利用した。
  • カバールがアメリカをコントロールできなくなるのは、世界をコントロールできないのと同じである。だから彼らは必死になっている。
  • カバールの最終目標はトランスヒューマニズムであり、人間とAIを融合させてマインドコントロールすることである。
  • 現在、良い方向に行く力と悪い方向に行く力の両方があるが、前者は勢いを増し、後者は老朽化しばらばらになろうとしている。

こういった内容です。

完全版と動画後半部:「Makana Spiritual」チャンネル動画

先に上げた動画は「一日一食 OMAD エンドゥ」さんのものですが、先述したようにこれを最初に翻訳したのは現時点で登録者1万人ほどの「Makana Spiritual」(マカナ・スピリチュアル)というYouTubeチャンネルで、元動画を10回に分けて公開したものだそうです。

バッファロー男(ジェイクアンジェリ氏)の「これが計画だ」の和訳動画1回目です。スーパーソルジャーによって語られた真実を知ってください!

現時点(2021年2月13日)で「一日一食 OMAD エンドゥ」さんで公開されているのは元動画の前半部だけらしいので、後半部が早く見たいという方は「Makana Spiritual」さんの動画を見た方がいいでしょう。

また「一日一食 OMAD エンドゥ」さんの動画は要約版なので、完全版が見たい方もそちらをお勧めします。

Makana Spiritual
In this channel, I am translating spiritual messages from and to Japan and all over the world using Japanese and English. Hoping that everyone will know the tru...

ちなみにバッファローマンによる元動画はこちらだそうです。

Here's The Pan
A broader view of "The Plan" everyone has been asked to trust.

浮かび上がるまったく新しい構図:国会警備員はトランプ内通者?

ところで私が個人的に気になったのは、彼が「国会議事堂襲撃の」にこの動画を出していたとされているところ。

もしQアノン界隈の一部でいわれているように、「議会襲撃はBLMや白人至上主義にトランプチームの人間が混じって行動した」という説が正しいなら、こんな動画で襲撃前に顔出し・タトゥー出しをしてしまったならトランプチームのスパイであることがバレるのでしょう。

とすれば、ジェイク・アンジェリは「バレてもいい」と考えていた可能性があり、それは襲撃事件の犯人らが全員トランプチームの人間だったということを示唆しているのかもしれません。

ここから、またもう一つのまったく新しい視点も可能性として提示されてきます。

襲撃事件後には、職務上襲撃犯を撃退する立場のはずの警備員が襲撃犯たちを普通に中に案内している様子が様子がうかがえる動画が拡散され話題になりましたが、それはこれまで「アンティファやBLMがカバール側の国会警備員と通じていた」証拠だと見なされてきました。

ところが、バッファーローマンが襲撃前にトランプ支持者として堂々とこの動画を出していたことから、バッファローマンはアンティファ・BLMらに自分の正体がバレても困らないと考えていたことになり、これまでの情報を整理してみると、

  1. バッファローマンはアンティファらに自分の正体がバレても困らないと考えていた。
  2. つまりバッファローマンはアンティファ・BLMの中にスパイとして潜入していない。
  3. したがって国会襲撃者(侵入者)らは原則全員がトランプチーム(アンティファ・BLMではない)。
  4. したがって米議会で襲撃者らを内部に案内した警備員は、カバール・ディープステート側ではなくトランプチームへの内通者である。

という従来とはまったく違う構図が浮かび上がってくることになります。

今回久しぶりにTwitterをチェックしてみると、反トランプ派が批判的な意味で「これまで逮捕されたのは全員がアンティファ・BLMではなくトランプ支持者」というツイートをしているのを見ましたが、(それが正しいのか知りませんが)この情報とも符合するものです。

つまり襲撃は最初から最後までトランプチームらの計画で、トランプチームに内通していた警備員が中に案内し、計画通りにペロシらの悪行の証拠である15台ほどのパソコンを押収した、ということだったのではないでしょうか。

(だからといってアンティファ・BLMが一人もいなかったというわけではなく、暴徒の中に何人か混じっている可能性はありますので、「偶発的に紛れ込んだ可能性のあるアンティファ・BLMを除けば、国会内部に侵入した者らは原則トランプチームの者たち」という意味です)

さらに射殺されたトランプ支持者の女性の映像で、射殺が八百長・芝居だという説もありましたが、それにしてはやけに臨場感があったのもこれで説明がつくかもしれません。

彼女は本物のトランプ支持者、その周りにいたのも本物のトランプ支持者で、彼らは証拠押収部隊が仕事をしやすいように囮部隊として暴れていた可能性があり、射殺までされたのは想定外のアクシデントだったということではないでしょか。

最近、私はあまりトランプ陣営について細かくウオッチしていないので断定するのは控えますが。

信じるか信じないかはあなた次第です。

この記事は以上になります。

タイトルとURLをコピーしました