BIS解散の理由はWACK代表の渡辺淳之介にある?

個性的なアイドルグループである BISが解散することが、3月30日に長崎・壱岐の島ホールで行われた「WACK EXHiBiTiON」で明らかになった。

BiSの最後の活動は、4月から5月にかけて行う全国ツアー「BiS Are you ready to go? TOUR」だという。

解散に関するニュースと解散の理由について調べた。

BIS解散のニュース

BiSが解散することが発表された。

これは本日3月30日に長崎・壱岐の島ホールで行われている「WACK EXHiBiTiON」でメンバーから明かされたもの。BiSは4月から5月にかけて行う全国ツアー「BiS Are you ready to go? TOUR」を最後に解散する。現メンバーのゴ・ジーラ、ペリ・ウブ、キカ・フロント・フロンタール、アヤ・エイトプリンス、パン・ルナリーフィ、トリアエズ・ハナ、ミュークラブ、ムロパナコ、YUiNA EMPiREの9名からの申し出があったため、解散が決定した。ツアーは4月6日の沖縄・Output公演から5月11日の東京・マイナビBLITZ赤坂公演まで約1カ月間に11公演を予定している。

またBiS解散に伴い、WACK代表・渡辺淳之介より再結成オーディションの開催がアナウンスされた。応募資格は18~28歳の女性。経験不問で特定のレコード会社やプロダクションと契約のない人、在籍者は4月30日までに事務所等契約解除通知が証明できる人、そして第1期BiSの活動を理解できる人が対象となる。1次締切は4月15日まで。詳細はBiSのオフィシャルサイトで確認を。

BiSは2011年11月にプー・ルイ(現BILLIE IDLE、新生YouTuber研究会)を中心に結成され、2014年7月に一度解散した。2016年7月に再始動し、2018年3月にプー・ルイがグループを卒業して以降、新メンバーを迎え4月より47都道府県ツアーを行うなど精力的な活動を展開。同ツアーのファイナルでアヤ、YUiNA、ムロ、ハナが戦力外通告を受けていた。

引用:Yahoo!ニュース

現メンバー9名からの申し出ということで、BISは9人グループなので、全員が解散する申し出をしたことになる。

BIS解散の理由はWACK代表の渡辺淳之介?

表向きに公表された理由としてはメンバー9名が解散を申し入れたということだが、9名が解散を申し入れた理由とは何なのだろうか。

ネットで噂されている限りは、BiSを運営するWACKの代表取締役社長である渡辺淳之介氏のBISに対する扱いがあまりに荒く、その不満が解散に繋がったのではないかと言われている。

BiSは同事務所に所属する他のアイドルグループと共に合宿オーディションなるものを開催したが、渡辺淳之介氏はあまりにBiSHやEMPiREといった他のグループを贔屓し過ぎだと批判する向きもあった。

Are you ready? / BiS 新生アイドル研究会[OFFiCiAL ViDEO]

また去年の年末のツアー・ファイナルでは第2回「BiS.LEAGUE」の順位発表が行われたが、その後で唐突にアヤ、ネル、YUiNA、ムロパナコ、ハナの5名に対して戦力外通告がなされている。

他にも渡辺代表はインタビューなどで、どんなに体調が悪くても休ませないといった主旨のことを話しており、ファンの間では「サイコパス」だと言われていた。

こうした諸々の処遇に対してメンバーの不満がたまった末に、今回のようなことになったということがファンの間では噂されている。

フォローする