與則和(与則和)組長画像は?刺した呉光弘・堀田幸弘の所属する組とは?

神戸市中央区筒井町3丁目の商店街で、神戸山口組系の與則和(与則和)組長が刺されるという事件が起きた。

この與則和組長はどのような人物か、所属する組織はどのようなものか、また加害者の組員は誰で所属する組織はどこか、詳しく調べてみた。

ニュースと動画

 18日午前0時5分ごろ、神戸市中央区筒井町3丁目の商店街の路上で、「男性が刺された」と一緒にいた女性が110番した。兵庫県警によると、指定暴力団神戸山口組傘下組織の与則和組長(65)=神戸市灘区=が肩や尻などを刃物で刺され重傷。命に別条はない。

その後、指定暴力団山口組系組員の男2人が市内の警察署に自首したため、県警は殺人未遂容疑で逮捕した。三重県伊賀市、韓国籍の呉光弘容疑者(56)が実行役で、大阪市西成区、堀田幸弘容疑者(52)が逃走車両の運転役とみて調べている。

与組長は飲食店を出て女性と2人で歩いていた際に後ろから襲われた。女性にけがはなかった。

引用:中日新聞

一緒にいた知人女性が110番通報をし、病院に搬送され命に別状はない。

スナック出た後で・・・神戸山口組系幹部が刺され重傷(19/04/18)

與則和(与則和)組長画像は?

與則和組長の顔画像はこちら。


出典:ビジネスジャーナル

與則和(与則和)組長とは?

調べたところ、この與則和組長はかなりの大物ヤクザであることが分かった。

與則和組長は昭和28年生の65歳

「與則和」は「あたえのりかず」と読む。

「與」姓は全国で120名ほどしかいない珍名であり、鹿児島の姓だという。

特に與則和組長は奄美系のヤクザであるという話である。

與則和組長はかつて、三代目山口組の佐々木組傘下の片岡組に所属していた。

1975年から78年にかけて行われた三代目山口組と二代目松田組との間で起こった抗争では、もう1人のヤクザとともに松田組傘下の大日本正義団吉田芳弘会長を射殺したとして逮捕された。

そしてこの吉田芳弘会長射殺事件は、そのまた報復として、有名なクラブ「ベラミ」での大日本正義団組員・鳴海清による田岡一雄襲撃事件へと繋がっている。

そこから與則和組長は懲役13年の判決を受け満期出所した。

昨年の人事では與則和組長は神戸山口組内5代目山健組の若頭に就任している。

この山建組は神戸山口組の重要組織であるから、同時に與則和組長も神戸山口組の重要人物と考えてよい。

刺した呉光弘・堀田幸弘の所属する組とは?

刺した呉光弘(56)と堀田幸弘(52)は二人とも六代目山口組「三代目弘道会」の野内組・二代目北村組の元組員だとのことである。

つまり山口組の4次団体の組員ということになる。既に組員ではないのは、実行後に組織の上の組員に類が及ばないようにあらかじめ辞めたという可能性がある。

総合すると、與則和組長は神戸山口組系であり、加害者の2人は山口組系である。

したがって対立軸は神戸山口組×6代目山口組ということになる。

加害者2人は事件後に自首している。

また役割分担として、呉光弘は実行役、堀田幸弘は運転役だったという。

山口組系組員の男を逮捕 神戸山口組系組長襲われ重傷

刺した場所は尻と肩?

刺した場所は「肩と尻」の2か所だという情報がある。

刺した場所が2か所だけで、しかも「肩と尻」の致命傷にならない場所を狙ったということから、最初から命を取るつもりはなかった可能性もある。

実際に呉光弘は殺意を否認している。

こうしたことから「何かしらのパフォーマンスだったのでは?」という見方もされている。

フォローする