朝日新聞が謝罪!北海道新聞社から盗用の「ギリヤーク尼ヶ崎」記事

朝日新聞社が、大道芸人のギリヤーク尼ヶ崎さんに関する記事を、北海道新聞社が出版の写真集から「事実上の盗用」をしていたことを認めて謝罪しました。

この朝日の盗用に関してまとめてみました。

朝日新聞が記事の盗用について謝罪

 朝日新聞社は31日、北海道版で1月12日から始めた連載記事「ひと模様 大道芸人 ギリヤーク尼ヶ崎さん」(全7回予定)に、北海道新聞社が2016年に出版した写真集からの事実上の盗用が多数あったとして、連載を中止し、記事を取り消すと発表した。今後、連載記事を執筆した函館支局の男性記者(42)を含む関係者を処分する方針。

朝日の発表によると、連載は北海道函館市出身の大道芸人ギリヤーク尼ヶ崎さん(88)に関するもので、北海道新聞から1月22日に「(写真集などの記述と)似通った表現が複数ある」との連絡を受けた。社内調査の結果、写真集の記述と重なる表現が、1回目の12日の記事で約4割、2回目の19日の記事で約8割確認されたという。写真集は、北海道新聞が03年に夕刊で連載した記事をもとに出版された。

男性記者は04年に朝日に入社。連載記事は、写真集の記述を基に事前に用意した「下書き」を、ギリヤークさんへの取材で加筆する形で作成した。社内調査には「ギリヤークさんの承諾を得れば問題ないと思った」と説明し、写真集が北海道新聞の連載をほぼ再掲載したものとの認識がなかったという。

中村史郎・朝日新聞社ゼネラルマネジャー兼東京本社編集局長は「刊行物からの引き写しは記者倫理に反する行為で絶対に許されない。読者の信頼を裏切ったこと、北海道新聞社やギリヤークさん、関係者にご迷惑をおかけしたことを深くおわびします」とコメントした。

引用:読売新聞

記事の内容をまとめるとこのようになります。

  • 盗用はつい最近の1月12日からの連載記事で行われた。
  • 記事は大道芸人の「ギリヤーク尼ヶ崎さん」に関するもの。
  • 盗用した記者は函館支局の42歳の男性記者。
  • 北海道新聞から1月22日に連絡があり、調査されて発覚した。
  • 当人は「ギリヤーク尼ヶ崎さん」に許可をもらったので問題はなく、盗用という認識はなかった。

ギリヤーク尼ヶ崎とは?

記事のテーマとなっていた大道芸人のギリヤーク尼ヶ崎さんについて簡単に説明します。

  • 1930年8月19日生まれの(2019年2月現在)88歳。
  • 北海道の函館出身。本名は尼ヶ崎勝見。
  • 若いころ俳優を志すも、なまりの強さからオーディションにすべて落選。
  • その後、邦正美に師事して舞踊家として活動。
  • 30代から大道芸人に転向。
  • 阪神大震災後に被災地で踊り、「南無阿弥陀仏」と叫んだ時に周囲の年寄りが一斉に合掌、自身の芸の本質を「祈りの踊り」と自覚する。
  • アメリカの同時多発テロ、赤報隊事件、福知山線脱線事故についても鎮魂の踊りを踊っている。
  • 大道芸人になってからはずっと観客の「おひねり」で生活している。

Wikipediaより

厳しい批判の声

これに関しては当然、厳しい批判の声が上がっています。

朝日新聞は報道機関としてだめだと思います、廃刊するべきです。
朝日新聞の体質ですよね。
いまだに講読している人がいるとに驚きです。
廃刊にすれば良いと思います。
朝日は報道の基本が出来ていない
さすが朝日
捏造において右に出るものはいませんね
慰安婦強制連行虚偽報道、サンゴ捏造記事、吉田調書、等々、捏造は朝日新聞のお家芸なんです。

「事実上」は余計という声

朝日新聞が「盗用」の前に「事実上」をつけたことについて批判する声もありました。

事実上を付ける意味がわからないですね、盗用の意義が和らぐとでもおもったんでしょうか?更にギリヤークさんの承諾を得れば問題ないと思ったって、記者ならこれが通じるかどうかわかるでしょうに。

盗用しました、ごめんなさいって、言えばいいのにですね。ただでは済まないでしょうけど、敵は無駄に増えないですよね。この言い訳、後付け感、其の場凌ぎ感が満載ですね。

表現をある程度拝借すれば盗用であり事実上のってなんだよ

記者の名前も無いし「事実上の」なんて誤魔化そうとしてるし、マスコミの他者に求める処罰とかの対応に比べて身内の違反事への対応甘くないですか?

朝日新聞が謝罪まとめ

以前にも朝日は従軍慰安婦に関する吉田証言を、吉田自身が自著のねつ造を認めた後でも長期間訂正しなかったといいます。

個人的には、慰安婦の強制連行記事についての虚偽を朝日が謝罪したことすら、朝日にそのような自浄作用があるのかと驚いた記憶があります。

しかし、情報の最初の発信と謝罪や虚偽認定までにあまりに長い期間が空いてしまえば、従軍慰安婦についてもそうであるように、謝罪したところで手遅れということになりかねません。

その意味で今回の件は、ほとんど間を置かず謝罪・盗用認定がされたという点においては、まだ救いがあるような気がします。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

フォローする