あろちゃんねる名物オヤジがヤクザ脱退を語る|ダディ・たろうは同一組織に所属

アウトロー系ニュース
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

『あろちゃんねる』でいつもおどけて動画に出演している名物オヤジ「ダディ」が、たろうがインタビューする形でヤクザを辞めた理由や組織脱退当時のことを語りました。

ダディは最初に組織名を聞かれて「レッドリボン軍」と答えるボケを除けば、珍しく真面目にヤクザ脱退当時のことを語っています。

スポンサーリンク

あろちゃんねる名物オヤジがヤクザ脱退を語る|レギュラーメンバーのダディ・たろうは同一組織に所属

 

主だった内容は以下の通り。

  • (レギュラー二人の)ダディとたろうは同じ組織にいた。
  • ダディは23歳の時に捕まって刑務所に行った。
  • ヤクザを辞めた切っ掛けは組織にいても意味がないと思ったから。どの道ヤンチャはしてたが、捕まった場合にヤクザだと「看板料」で罪が重くなる。上納金を払うのも馬鹿々々しかった。
  • 兄貴分はいい人で好きだったが、その人のために命を懸けられるというほどではない。特に親分はいい人だった。姐さんも。
  • たろうが受刑中にダディは刑務所を辞めた。
  • 自分が辞めた後も(兄弟分の?)たろうは組織に残るから、自分が汚い辞め方をすると迷惑がかかる。だからしっかりケジメをつけて辞めた。
  • 辞めた時の条件については話せない。同じ組織にいた「小沢」が警察に捕まった時に、ダディが辞めた事情についてチンコロした。ダディは警察に任意の取り調べで、朝から晩まで拘束されて問い詰められたが吐かなかった。
  • 辞めた後は飲み屋の仕事に戻った。ケジメをつけて辞めたので組織の上の人間はそれ以上言ってこなかったが、チンピラに詰められて頭に来たことがある。
  • ダディが辞めた後も5~6年ほどたろうはヤクザを続けた。
  • たろうが辞めた後にもバタバタと組織を辞める人間が出た。
  • カタギを脅したりするのも食う手段の一つかもしれない。自分もそうしてきた。既に罪は償ったが。
  • もしこの動画公開が切っ掛けで関係者から嫌がらせが始まったら、躊躇なく110番して警察を呼ぶ。別に恥ずかしくもない。

ダディ出演動画

下はダディのいつもの出演動画です。

『あろちゃんねる』

『あろちゃんねる』は現在、登録者が5090人です。

『たろちゃんねる』

今回はインタビュアーの立場だった中心メンバーの「たろう」は、サブチャンネルとして自分個人の『たろちゃんねる』も持っています。(登録者392人)

たろうが珍しく体の刺青やマスクを外した顔を出している動画もあります。

(記事おわり)

タイトルとURLをコピーしました