新井浩文の被害者は複数いる?余罪や常習性を指摘する声も?

2月1日に俳優の新井浩文が性的暴行の容疑で逮捕されました。

事件についての詳細はまだ明らかでない部分もありますが、一部では、被害者が複数おり、余罪があるかもしれないという話までされています。

被害者が複数いるかもしれないという説、余罪や犯行の常習性があるかもしれないということについてまとめてみました。

新井浩文が性的暴行で逮捕

報道によると、新井浩文は昨年の7月1日、深夜2時すぎ、東京都世田谷区の自宅マンションで、派遣型マッサージ店の30代の女性従業員に性的暴行を加えたということです。

女性は8月に被害届を出し、警視庁が捜査していました。

そして2月1日に事情聴取、逮捕されたということです。

またその日のうちに早くも「事実関係を認めている」との報道もあり、一部については否認しているようですが、この報道は多くの人に衝撃を与えました。

さらに追い打ちをかけたのが、この事件に関して続続と報道された情報です。

  • 性的なサービスを提供する店ではなく、通常のオイルマッサージ店
  • 新井容疑者は初回利用時にそれを確認、署名・捺印していた

なぜ通常の派遣型マッサージ店であることがショックであるかといえば、もしもデリバリーヘルスの女性であれば、ファンにとっては、新井と風俗嬢との個人間の話し合いがこじれて警察沙汰に発展したという考えもできましたが、普通のマッサージ店であればそうした見方をすることも許されないからです。

新井浩文事件「派遣型マッサージ店」って?デリヘル?メンズスパ?

新井浩文の被害者は複数いる?

しかし、1月30日発売の『実話ナックルズ』ではさらにショックな情報が掲載されているそうです。それは、被害者は一人だけではなく、余罪があるかもしれないということ。

言い換えれば、新井の犯行には「常習性」があったかもしれないということです。それをうかがわせるようなものの一つとして、事件に近い日付での新井浩文のツイートがあります。

新井容疑者は、逮捕容疑の乱暴をしたとされる昨年7月1日は、ツイッターを3度更新。翌2日には2時間弱の車移動で東京を離れたとみられるツイート後、「地方恒例の、『スタッフさんですか?』」とつぶやいた。2日後の同3日には、都内で行われた出演映画の舞台あいさつに登壇していた。

引用:デイリースポーツ

ツイッターは表記される投稿時間が狂うことがあるようなので、正確にどれが事件前・事件後のツイートと指摘することはできませんが、事件に近い日付のツイートとしてこのようなものがあります。


事件の前後の投稿としては「落ち着きすぎている」という印象は受けます。しかしこの「落ち着き」は、今回が初めてではない、と考えれば理解できなくはないものです。

さらに、新井が事前に部屋を暗くしていたのは顔を覚えられないためであり、警察では新井容疑者は最初から犯行に及ぶつもりだったと見られているようです。

新井浩文容疑者逮捕 最初から犯行及ぶつもりか

新井浩文の素顔?

事件後に、普段はあまり報じられないような新井浩文の素顔が、色々と報じられることになりました。例えば東スポwebでは「女性に対してはサディスティックな一面があった」と書かれています。

「上から目線で女性ADをののしったり、セクハラ発言も頻繁にしていた。彼女がいても浮気ざんまいで、彼女が文句を言おうものなら、怒鳴りつけて泣かせていました。反動で新井を“卒業”した女性は優男(やさおとこ)に走ります」

引用:東スポweb

他にも、『愛の渦』という乱交パーティーが舞台の映画では、現場に大量のコンドームが置かれたのですが、新井浩文はそれを鷲掴みにして持ち帰り、「うちの彼女は若いから大変なんだ~」と言ったとか。

当時付き合っていたのは二階堂ふみですが、実際には浮気相手の分もあったという話です。

また酒癖が悪く、酔うと好戦的で言葉遣いも荒くなり、初対面の役者に「俺は在日なんすよ」「俺は日本人じゃないから」と言い、相手が萎縮すると「あいつの演技は嫌い」といった役者論・演技論を延々喋ったとか。

新井浩文の被害者は複数いる?余罪や常習性を指摘する声も?まとめ

これだけの新井容疑者に不利な情報ばかりが多く出てくると、ファンや親友のムロツヨシならずとも、信じられない気持ちになるのではないでしょうか。

「善悪の屑」「台風家族」といった公開を危ぶまれる映画の話も出ており、被害女性、また関係者やファンの憂鬱を考えると、返す返すも残念でなりません。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

性的暴行で逮捕の新井浩文にムロツヨシが応援ツイート?賛否の声

新井浩文逮捕はハメられた?ハニートラップ説はセカンドレイプか?

新井浩文(パクキョンベ)が北朝鮮籍はデマ!朝鮮籍/韓国籍の意味とは?

フォローする