にゃんこスターのアンゴラ村長がVチューバ―「葉邑ゆう」の中の人?

2017年のキングオブコントで披露した縄跳びネタで一躍全国区になったお笑いコンビ「にゃんこスター」だが、そのにゃんこスターのアンゴラ村長が「Vチューバー」(VTuber)をしているらしいという噂が出ている。

ユーチューバーといえば通常生身の人間が行うものだが、「バーチャルユーチューバー」の略であるVチューバーとは、それを代わりに「アバター」と呼ばれるアニメ風キャラクターに演じさせるというものだ。

そして「中の人」がアンゴラ村長ではないか、と噂が出ているVチューバーとは、「チャンネルゆーはむ」の「ゆーはむ」こと「葉邑(はむら)ゆう」である。

にゃんこスターのアンゴラ村長が
Vチューバーの中の人?

ゆーはむの声や喋り方を聞くと、たしかにアンゴラ村長の声に似ている気がする。

噂は本当らしい。

ゆーはむ(葉邑ゆう)初投稿動画

下は「ワタナベエンターテインメントに所属することになった」という内容の初投稿の動画。ワタナベの諸先輩が次々に現れてコメントをしていく。

VTuberゆーはむ ワタナベエンターテインメント所属決定!!

恵俊彰まで出てくるから、事務所は相当力を入れてプッシュしているのは伝わる。

しかしコメント欄には「事務所がごり押ししてるだけ」など、辛辣な言葉が並んでいる。

たしかに初投稿の動画にしては、当人である「葉邑ゆう」についての説明がまったくといっていいほどされていないのは手落ちかもしれない。

しかしそれはアンゴラ村長のせいだけでなく、ワタナベエンターテインメント自体も、「Vチューバ―がキテる・これからも伸びる」という情報だけでVチューバ―市場に進出し、あまりプランを煮詰めなかったのではないかと思える。

事務所のワタナベを含め、Vチューブのノウハウがまだ未熟なのだろう。

お笑い芸人とコラボ動画

設定として葉邑ゆうは「芸人志望」という話だ。

また葉邑ゆうの動画は、葉邑ゆうがワタナベエンターテインメント所属というだけあって、ワタナベエンターテインメント所属の芸人さんとコラボすることが多い。

アイクぬわらとコラボ動画

五人組お笑いグループ「超新塾」のメンバーで、テレ東のおはスタ出演などで知られる「アイクぬわら」ともコラボしている。

「アイクぬわら」もやはりワタナベエンターテインメント所属。

このネタでM‐1に出たという話だ。アンゴラ村長はにゃんこスターではボケだが、この動画中ではツッコミをやっている。

バーチャルYouTuberだけど漫才やってみた【M-1グランプリ披露ネタ】

ハナコとコラボの動画

キングオブコント王者のハナコとのコラボ動画もある。

キングオブコント2018優勝直後に撮った動画らしい。

動画中の「(葉邑ゆうの)髪型を変えるのに50万くらいかかる」という話も興味深い。

通しでやるわけではないが、ハナコがキングオブコントの2本目でやったネタを一緒にしている。

キングオブコント王者!ハナコさんとコントに挑戦!

四千頭身とコラボの動画

こちらは四千頭身とのコラボ。

「前半に畳みかけるな」をやらしてもらっている。

人気急上昇中の四千頭身とコラボ!前半にたたみかけんな!に挑戦【漫才講座】

一番肝心なセリフがなかなか出てこない上、ようやく言ったら噛んでしまうというグダグダっぷり。

クールポコとのコラボ動画

クールポコとのコラボ。

【お正月企画!みんな挑戦!】 『やっちまったなぁ面接』 クールポコ。×ゆーはむ

内容はちょっと下品なところもある。

まとめ

Vチューバ―としてある程度まとまったギャラを貰うには、チャンネル登録者数が1万人ほど必要だという。

それだけでなく、3月までに登録者数1万人行かなければ「チャンネルゆーはむ」自体が消滅してしまうという話もある(下記『桃太郎電鉄 VTuberと芸人が4人で遊んでみた【ダイジェスト映像】』内での話)。

桃太郎電鉄 VTuberと芸人が4人で遊んでみた【ダイジェスト映像】

もしかしたらこのタイミングで中の人がアンゴラ村長だという情報が出たのも、登録者数を伸ばすための事務所の最終手段だったのかもしれない。

2019年2月13日現在で6,500人ほどだから、3月までというのが(普通に考えればそうだが)2月いっぱいだと考えるなら、1万はかなりハードルが高いように思える。

どうにか1万まで頑張ってほしいところだ。

→YouTube:チャンネルゆーはむ

→Twitter:ゆーはむ 🐹ゲーム実況挑戦チュー 🐹

フォローする