Amazonプライムビデオで見られるおすすめの無料作品を紹介

その他
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

※視聴可能作品は予告無く変更される場合がありますので御注意ください。

ブログ管理人は2年近く、Amazon Primeの会員になってプライムビデオを見ています。

より割高な動画サービスに比べればそこまで種類は多くないものの、9000~10,000本程度の作品が見放題になり、にも関わらず月額500円(税込)という破格の値段です。

新規にAmazonプライムを利用する場合は30日間の無料体験もあるので、お休み期間の前に契約して、無料期間が終わる前に解約するなんていう使い方もできるでしょう。

Amazonプライム無料体験・会員登録

映画やドラマを見る場合はDVDを入れ替えずに再生できるというのも強みです。寒い冬でもコタツから出る必要はありません。

というわけで、ここでは管理人の独断と偏見で、プライムビデオで見られるお勧めの作品を紹介していきます。

作品以前にAmazonプライム会員になるメリットを知りたいという方は「まとめ」をどうぞ。

スポンサーリンク

Amazonプライムビデオで見られるおすすめ作品一覧

画像:Amazon

ザっと幾つかの作品を紹介してから個人的に面白かったものを挙げます。

紹介する作品はたまに変更されていることがあるのでご注意下さい。

映画(邦画・洋画)

プライムビデオではこんな映画が無料で見れます。(一部)

  • ザ・ファブル
  • コンフィデンスマンJP
  • 宮本から君へ
  • おいしい給食
  • 今日も嫌がらせ弁当
  • 冷たい熱帯魚
  • 22年目の告白-私が殺人犯です-
  • 来世ではちゃんとします
  • トップガン
  • 最強の二人
  • ミッション:インポッシブル
  • 最高の人生の作り方
  • スラムドッグ$ミリオネア
  • グーニーズ
  • ローマの休日
  • ショーシャンクの空に
  • フォレスト・ガンプ/一期一会

ただし洋画は字幕版と吹き替え版があり、作品によっては吹き替えがない場合もあるので吹き替え派の人は注意が必要です。

私が最近見た中で抜群に面白かったのが「ギルティ」という作品です。

デンマーク映画で、犯人を射殺してしまい裁判を待っている警官が主人公です。

彼はその不祥事のために緊急通報室に一時的に異動させられ、舞台はほぼすべて通報の電話を受ける室内で展開されます。

本来、最前線での勤務を望んでいた主人公は、通報室での仕事をかったるいと不承不承やってるんですが、その主人公がDV夫に連れ去られたと思しき女性からの通報を受けることでドラマが急展開します。

ラストは解釈が難しく、人によってはモヤモヤっとするかもしれませんが、非常に奥行きがあって面白い映画です。

当ブログはアウトロー記事がメインなのでこんな映画も紹介しておきます。

本宮泰風・山口祥行主演の「日本統一」です。

たぶん見てない人でも聞いたことはあるという数少ないVシネマ作品じゃないでしょうか。

1から始まって最新作は47まであり、プライムビデオでは42まで見ることができます。

他にも瓜田純士の父・若き日の遠藤吉寿が出てる「ゴッド・スピード・ユー!BLACK EMPEROR」も見れたりします。

アニメ

そしてAmazonが、Amazon Prime普及のために日本で力を入れているのがアニメのラインナップです。こんなものが見れます。

  • 東京リベンジャーズ
  • 鬼滅の刃
  • 呪術廻戦
  • 進撃の巨人
  • エヴァンゲリオン
  • ガンダムシリーズ
  • ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない
  • ドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020)
  • 攻殻機動隊
  • あたしンち
  • 僕のヒーローアカデミア
  • Re:ゼロから始める異世界生活
  • レベルE
  • からくりサーカス
  • ご注文はうさぎですか?
  • 無職転生 ~異世界行ったら本気だす~
  • ゆるキャン△.
  • 灼眼のシャナ
  • 弱虫ペダル
  • アニメで分かる心療内科
  • 隣の関君

ただしシリーズものは過去回だけで最新作は見れなかったりするので注意が必要です。

私がプライムビデオで見た中では「進撃の巨人」が圧倒的に面白かったです。

流行ったアニメ作品では「鬼滅の刃」「呪術廻戦」も少しは見て、それなりに面白かったですが、圧巻でした。

流行りものとして一緒くたにしてましたが、段違いに面白かったです。

ちなみにアニメ版はまだ完結してません。

「鬼滅の刃」「呪術廻戦」は子供を中心にファンがいて、「進撃の巨人」は大人が見ても面白いという印象です。

海外ドラマ

意外にもAmazonプライムはアニメほどは海外ドラマに力を入れていないようですが、それでもある程度取り揃えています。

  • ビッグバン★セオリー
  • THE MENTALIST/メンタリスト
  • ゲーム・オブ・スローンズ
  • スタートアップ
  • FRINGE/フリンジ
  • SUPERGIRL/スーパーガール
  • BULL/ブル 心を操る天才

個人的には「メンタリスト」が面白かったです。

友人が「むちゃくちゃ面白い!」と興奮して語るので気になって見たのですが、私も結果的に最終話まで全部を見ることになりました。

「メンタリスト」はむちゃくちゃ頭はいいけど、ややサイコパス的でルール無用のところのある主人公が、警察に協力して凶悪な犯人を逮捕するというお話です。

韓国系アメリカ人のチョウやバイカーギャングの父を持つリグスビーといった脇役のバックグラウンドが見える逸話も魅力的です。

お笑い作品も豊富

Amazon プライムビデオの特徴は、お笑いの作品の取り揃えが豊富だということだと思います。

まず誰もが知る作品、笑わせ合いサバイバルの作品「ドキュメンタル」があります。

ルールはシンプル。10人の芸人がそれぞれ100万円を持ち寄り、それにMCの松本人志が100万円を足し、計1100万円を勝った者が総取りするというゲームです。

芸人は最初に100万円を出資しているので、勝った場合には1100万-100万で丸々1千万円を儲けることになります。

ただ「ドキュメンタル」はAmazonに凄くプッシュされて皆がみんな見るせいか、時には散々な評価(星)が付けられていたりします。

私個人も見ている時に腹を抱えて笑うわけではないんですが、新作が発表されるとついつい見てしまう作品の一つです。

お笑いというより、大金とプライドがかかってガチになったお笑い芸人たちの芸人ドラマとして見ています。

以前、メキシコ版のドキュメンタルも発表され、私はそれほど嫌いではなかったのですが、こちらは多くの人には不評だったみたいです。

ただ私には、大金がかかってガチになるとみんなバットを大振りするようになり、必然的に下ネタが増えることは万国共通という点は面白い発見でした(笑)。

※記事を書くためにメキシコ版のドキュメンタルを検索してみたところ、ドイツ版とイタリア版のドキュメンタルもあることを初めて知りました。しかもかなりの高評価を得ています。これは近い内に見ようと思います。プライムビデオではこういう嬉しいサプライズが結構あります。

個人的にプライムビデオで視聴したお笑い作品で一番好きだったのは「千原ジュニアの座王」です。

しかしこれは今は無料では見れないので紹介することはできません。(有料レンタルは可能)

※プライムビデオでは期間限定で面白い作品が公開されるので、たまに作品が入れ替えられていないかチェックするのも楽しみの一つです。

現在でも無料で見れるお笑い作品にはこんなものがあります。

  • 歴代M-1グランプリ
  • 内村さまぁ~ず
  • 千鳥の相席食堂
  • 千原◯ニアの◯◯-1GP
  • 笑いザップ
  • カラフル~笑いの力で77億再生~

最後の「カラフル~笑いの力で77億再生~」はあまり評価は高くないですが、アインシュタイン、和牛、かまいたち、ミルクボーイ、天竺鼠、見取り図、ジャルジャル、藤崎マーケット、プラス・マイナスなど、やたら豪華な若手芸人メンバーによるお笑いバラエティです。

他にも

他にも渋いところだと「世界の車窓から」が見れたりします。

寝る前にAmazonプライムビデオで好きな映画を1本見て、最後に「世界の車窓から」でクールダウンして就寝するなんていう使い方もいいかもしれません。

意外な作品が無料で見れる時も

ここまで紹介した作品はあくまで管理人が既に見ていたり、見てなくとも見れることを知っていたりするものをご紹介しました。

しかし、Amazonプライムビデオで見れる作品はまだまだこんなものではありません。

ブログ管理人の個人的経験でいえば、たまたま見聞きした過去作品を検索してみるとプライムビデオで見れることが発覚した、なんてことがままあります。

Amazonサイドはあくまで需要が多いと予測できる少数の作品を全面に押し出して魅力をアピールするので、必然的に視聴可能な多くの作品が埋もれることになります。

だからAmazonプライムビデオのサービスに慣れてきたら、色々探索して自分好みの作品の見つけ方を開発してみるのも一興だと思います。

※ある程度までは、視聴した過去作品の傾向から予測しておすすめの作品を提示してくれます。

さらに、期間限定で有名な映画やアニメが視聴可能になるので、作品の入れ替えの時期が来てお好みの作品が突然無料で視聴可能になる、なんていう嬉しいサプライズもあります。

個人的には、『仁義なき戦い』が来た時は熱かったですね。

そしてプライムビデオはPCだけでなく、アプリを使えばタブレットやスマホでも視聴可能です。

私はパソコンでしか見ませんが、どのデバイスでも見れるというのは大きな強みだと思います。

まとめ

Amazonプライムビデオは総合的にとても優れたサービスだと思います。

無料体験なら1カ月は見放題で中途解約も可能ですし、年会費を払って会員になっても年間4,900円(月々408円)で、9000以上とも10000本以上ともいわれる動画が見放題です。

この圧倒的な割安感が、プライムビデオと他の動画サービスの異なる最大の特徴です。

逆にいえば、もし本気で金に糸目をつけずに、自分が本当に好きなジャンルの動画を見倒したいと思うなら、他にも利用すべき動画サービスの候補は幾つかあると思います。

しかしAmazonプライムの本当に凄いところは、この動画見放題サービスが、

プライム会員の数ある特典の一つに過ぎない

ということです。

他にもプライム会員にはこんな特典があります。

  • Amazonからの配送料が無料、お急ぎ便や日時指定便も無料になる。
  • Prime Musicの音楽200万曲以上が聴き放題。
  • Prime Readingで一部のマンガや本の電子書籍が無料で読める。
  • 毎年7月頃に行われる超特大セール「プライムデー」に参加できる。
  • プライムフォトで写真を何枚でもオンライン上に保存できる。
  • ベビー用おむつやペット用品が割引になる。

私自身、こう書きながらプライム会員特典の一部しか活用できていないことに気づかされます。

普段から活用できてるのはプライムビデオと配送特典くらいでしょうか。

それでも十分元は取れてるのですが、最近気づいたのは「Prime Reading」の凄さ。

例えば現在、『殺し屋1(イチ)』全10巻がすべて無料で読むことができます。

要するにAmazonプライムはどう考えても安すぎるのですが、実は海外では年会費が1万円を超えているのに、日本ではなぜか据え置かれているのが現状です。

こんなにお得なAmazonプライム、無料体験(一ヶ月)もあるので是非試してみて下さい。

Amazonプライムビデオの詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました