【アビス】菅野深海の出身中学校と伝説 上納していたヤクザ組織は?

大阪の半グレ・アビスグループのリーダーとされた菅野深海容疑者(21)がまた逮捕されたことが話題になっています。

この菅野深海について、暴走族・大阪連合の総長だった、「ミナミのヒトラー」のあだ名を持っていた、あるいは本職との関りがあるなど、色々な噂があります。

調べてみました。

スポンサーリンク

【アビス】菅野深海の出身中学校と伝説 上納していたヤクザ組織は?

菅野深海の画像

報道では学生服らしきものを着て、肩で風を切って警察に連行される菅野容疑者の動画が繰り返し流されていますが、この映像は去年11月の逮捕時のものです。

菅野深海の動画

【速報】半グレ「アビスグループ」リーダーの菅野深海容疑者逮捕〈概要欄に続報〉

大阪連合の総長・菅野深海の出身中学校

菅野深海は暴走族・大阪連合の総長だったといわれています。

大阪連合は大阪鶴見区の「市立横堤中学校」の出身者の暴走族とされているので、おそらく菅野深海もその中学に通っていたと思われます。

2013年の6月には、既にYahoo!知恵袋で「大阪連合の総長、菅野深海の伝説など教えてください!」という質問が投稿されており、今回の逮捕時には「21歳」と報じられています。

したがって、既に14、15歳ごろには大阪連合の総長だったことになります。

菅野深海の伝説

菅野深海の凶暴さやヤクザとの関りについては匿名掲示板だけでなく、メディアでも様々なことがささやかれています。

  • 格闘技経験者でかなりの実力者
  • パトカーを燃やしたことがある
  • 言うことを聞かないと集団で一人を武器を使って「叩き(=闇討ち)」
  • 襲撃の際に催涙スプレー、金属バット、警棒、ゴルフクラブを用いる
  • その対象は年上、敵味方問わない
  • 中学の卒業後に京橋でキャッチをするも、儲からないので転身
  • 2015年にアビスを設立
  • アビスの由来は名前の「深海」をフランス語にしたものとされる
  • ボッタクリ居酒屋、ボッタクリガールズバー、違法風俗で儲ける
  • 店のホステスに○○○(カタカナ3字)を強要
  • 誰も逆らえず、「ミナミのヒトラー」のあだ名がつく
  • ぼったくりの売り上げは月5000万円
  • そのうち店1軒当たり月約175万円、計約2000万円を自分に上納させる
  • 自分は任侠山口組(現・絆会)系の2次団体に毎月上納していた
  • その金額は毎月約30万~50万円と見られる

アビスグループは短期間で府下最大規模の勢力になり、右腕には「金庫番」とされるナンバー2の野口直人容疑者がいました。

その野口容疑者の下には12人の幹部がおり、17店のガールズバーを経営、従業員は120人を超えていました。

そのうち未成年を含むを男女メンバー50人が以上が2018年には、ぼったくりや監禁致傷で摘発されています。

格闘技経験については、「深海はパエストラにいたジュニアのキックボクシングか少林寺のチャンピオン」という匿名書き込みもありました。

「パエストラ」は柔術家の中井祐樹氏が創立した総合格闘技道場です。

調べてみると2012年ごろのブログ記事に、たしかにそのような名前が見つかります。

キックボクシング部門最優秀選手賞 菅野 深海style所属

引用:パラエストラ東大阪道場マッチSTYLE所属選手試合結果

アビスグループが上納していたヤクザ組織は?

菅野のアビスグループの儲けとヤクザへの上納について、次のようにいわれています。

  • ぼったくりの売り上げは月5000万円
  • そのうち店1軒当たり月約175万円、計約2000万円を自分に上納させる
  • 自分は任侠山口組(現・絆会)系の2次団体に毎月上納していた
  • その金額は毎月約30万~50万円と見られる

アビスが上納していたヤクザ組織について、「極心か山健」などの噂もありましたが、実際には日刊ゲンダイ記事の「捜査事情通」によれば、「任侠山口組(現・絆会)系の2次団体」だそうです。

またヤクザとの関りについて、「菅野は弘道会に入るらしい」という噂が一時はありましたが、今回の逮捕でも「半グレのリーダー」として報じられているので、(少なくとも現在のところは)そうではないようです。

同グループについて、報道によると警察には既に解散届を出していたそうです。

解散届は匿名の書き込みでは「20歳の誕生日の直前に出した」ともされています。

しかし今回の逮捕で、警察はまだアビスグループが活動していると見て捜査しています。

父親はヤクザ?兄はアビスに所属か

菅野深海の家族については父と兄のことが噂されています。

あるブログによれば、父親は「倉本組を破門された元ヤクザ」としています。

倉本組とはおそらく、六代目山口組に属する組織で、初代は倉本広文、極真空手の大山倍達とも親しかった「殺しの柳川」柳川次郎の流れをくむ組です。

ただこの情報の正確性については分かりません。

別の情報では「任侠山口組(現・絆会)系の有名組長」ともされています。

上納していたのが任侠山口組(現・絆会)系の2次団体とされているので、こちらの方が自然かもしれません。

また兄については、同じ菅野姓でアビスに所属、逮捕されたこともある「菅野義秀」ではないかといわれています。

菅野深海のSNS

菅野深海は「金次郎(@kinzirou1154)」というアカウントでツイッターをしていたようですが、現在はしていません。

おそらく、出回っているものでバースデーケーキらしきものを前に座っている画像は、消される前のTwitterに挙げられていたものと思われます。

菅野深海の逮捕

最後に、今回と前回の逮捕について簡単にまとめました。

菅野容疑者は2020年7月18日に他の7人とともに逮捕されました。

容疑は、凶器を持って集合し、トラブルの相手の40代男性を呼び出し、男性を助けに入った30代男性も一緒に暴行したことで、凶器準備集合と傷害の疑いをもたれています。

40代男性には全治1ヶ月の重傷、30代の男性には全治3週間のケガを負わせたということです。

保釈中の逮捕なので、おそらく今回は実刑になるのではないでしょうか。

菅野容疑者は去年の11月にも、6月下旬に10代の少年を待ち伏せて殴る蹴るの暴行を加えたことで逮捕されています。

この時に逮捕されているのが、野口美子容疑者(39)、野口直人容疑者(21)らを含む7人で、被害にあった少年は野口美子容疑者の娘の交際相手だったそうです。

野口美子容疑者は娘(野口直人容疑者の妹)と少年が付き合うことに反対しており、少年が野口美子容疑者に生意気な態度を取ったために怒り、暴行に発展したといいます。

この記事は以上になります。

タイトルとURLをコピーしました