1トンの覚醒剤を押収は過去最多 中国人7人らが瀬取りによる密輸

過去最多の1トンもの覚せい剤が押収されたという衝撃のニュースがありました。

犯人は20代~40代までの中国人の男性7人で、彼らは瀬取りといって海上の船から船へ品物を受け渡すという方法を用いていたということです。

このニュースや事件のあった場所を調べました。

過去最多1トンの覚醒剤を押収
中国人7人らが瀬取り

静岡県の下田沖で船を使って密輸されたとみられる覚醒剤約1トンが見つかり、警視庁などが押収していたことが5日、捜査関係者への取材で分かった。国内で一度に押収された量として過去最多で、末端価格は約600億円相当という。

警視庁などは5日までに、覚せい剤取締法違反(所持)容疑で、運んでいた20~40代の中国人の男ら7人を逮捕。押収量の正確な鑑定を進め、背後に大規模な国際的密輸組織が関わっているとみて捜査を進めている。

捜査関係者によると、海上で船から船へ受け渡しをする「瀬取り」と呼ばれる方法を使ったとみられる。静岡県内に陸揚げされたのを確認し、3日に7人のうち2人を、4日に他5人を逮捕した。

逮捕容疑は3日、静岡県南伊豆町の海岸で覚醒剤を所持した疑い。7人はいずれも容疑を否認している。

数年前から「不審な船が港に入ってきている」と近所の住民から通報があり、警視庁などが捜査していた。現場の海岸で張り込み、男らが積み降ろす作業中に取り押さえたという。

警察庁によると、全国の警察が押収した覚醒剤の量は2018年、3年連続で1トンを超え、約1138・6キロ。今回は年間押収量に匹敵する量となる見込みだ。

過去に大量押収されたケースは、2016年に沖縄・那覇港に停まっていたヨットから発見された597キロが最多。1999年には福岡県警などが鹿児島県笠沙町(現南さつま市)で564キロを、96年に神奈川県警が528キロを押収した。

引用:史上最多!覚醒剤1トン押収 末端価格約600億円

ポイントをまとめると、

  • 場所は静岡県下田沖・静岡県南伊豆町の海岸
  • 覚醒剤1トンの押収
  • 捕まったのは20代から40代の中国人男性7人
  • 背後に国際的な密輸組織か
  • 海上で品物を受け渡す「瀬取」という方法を用いた
  • 1トンという量は年間の押収量に匹敵する

ということです。

年間の押収量に匹敵する量が一度に押収されたというのは凄まじい話です。

また産経新聞は次のように報じています。

 警視庁組織犯罪対策5課などは3、4日に覚せい剤取締法違反(営利目的共同所持)容疑で、覚醒剤を荷揚げしていた24~40歳の中国人の男7人=いずれも住居・職業不詳=を逮捕。逮捕容疑は3日、営利目的で南伊豆町の海岸で覚醒剤相当量を所持したとしている。調べに7人は否認している。

同課(警視庁組織犯罪対策5課)によると、7人は日本人が所有する小型船(全長約10メートル)で覚醒剤を密輸。2キロ程度で小分けにした袋をシートで梱包(こんぽう)し、船内に平積みしていた。同課などは、3日夜に護岸に接舷して荷降ろし作業をしている所に踏み込んだ。現場にいた7人は逃げ出すなどしたが、身柄を確保して逮捕した。

同課によると、数年前に近隣住民から「不審な船が港に入ってきている」と通報があり、瀬取りによる覚醒剤密輸事件とみて内偵捜査。覚醒剤は香港から流入している可能性があるという。

引用:過去最多量の覚醒剤1トン押収、7人逮捕 静岡・下田沖、暴力団関与か

中国人の男らは24歳から40歳だということです。

静岡県南伊豆町の海岸

ニュースを読み解く限り、覚醒剤は静岡県の下田沖の洋上で受け渡され、同県の南伊豆町の海岸に船が停泊していたところに警視庁が一挙に身柄確保のために動いたということのようです。

海岸に船が停泊していたと見られる静岡県南伊豆町は下記。

以上です。

フォローする